なぜスウェーデンが駐在員のための国なのか?

This post is also available in: 英語 ノルウェー・ブークモール デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 エストニア語 ラトビア語 リトアニア語 ヒンディー語 アラビア語 簡体中国語 フランス語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 スペイン語 ハンガリー語 タイ語 ウクライナ語 ベトナム語

今ほど世界がつながっている時代はありません。 一週間足らずで、地球を一周することができます。 ですから、必ずしも生まれた国に住む必要はありません。 実際には、どこにでも住むことができます。 そんな中で、なぜスウェーデンを選ぶのか。 それこそが、今日のこの記事でお話しする内容です。

クオリティ・オブ・ライフ

スウェーデンの生活の質が高いことは周知の事実です。 ひとつには、スウェーデンに住むすべての人が、毎年25日間の有給休暇を得ることができます。 このような休暇を取ることは雇用主からも推奨されており、法律では夏の間、希望すれば少なくとも4週間の休暇が取れることになっています。

給料は

単純にアメリカの給料とスウェーデンの給料を比較した場合、アメリカの方が多いでしょう。 しかし、すべての経費を考慮に入れなければなりません。 スウェーデンでは、国民全員の医療費が完全に無料です。 また、学校は無料で、給食もあります。 国民でありながら仕事が見つからない場合、政府から “socialbidrag “と呼ばれる金額が支払われる。 また、お金を節約できる場所として、さまざまなアクティビティがあります。 ここスウェーデンでは、すべての企業が従業員に “friskvårdsbidrag “というものを提供しています。 これは、スキーや水泳などのアクティビティを行った際にもらえる金額です。 全ての費用をカバーすることはできませんが、より健康的な生活を送るための手助けとなります。

医療費が無料とはいえ、決して悪いものではありません。 スウェーデンで病気になった場合、健康的に回復するための最先端の医療と設備を提供することができます。 同時に、あなたが病気になる可能性も低くなります。 スウェーデンは大都市でも空気の質が良い。

リタイアメント

65歳以上でスウェーデンで働いたことがある人は、政府が提供する年金を受け取ることができます。 また、政府の年金に加えて、企業が独自の年金制度を持っていることもよくあります。 基本的には、スウェーデンで働いた経験があり、市民権を持っていれば、65歳を過ぎた時点で、一生働かなくてもいいということです。 これだけでも、スウェーデンで駐在員になる大きな理由になります。

自然

スウェーデンには “allemansrätten “というものがあります。 つまり、誰がその土地を所有していても、どこでも森に出かけることが許されるのです。 スウェーデンの自然は、特に明記されていない限り、すべて無料です。 多少なりとも好きな場所でキャンプすることも許されている。 1泊したら、キャンプを移動しなければならない。 また、食べ物や暖をとるために火をつけることも、管理していれば許されます。

allemansrätten」の最後の利点は、誰かの庭でなければ、自然の中でベリーやフルーツを摘んでもいいということです。 自然と自由が好きな方には、スウェーデンはぴったりの旅行先です。 もちろん、今でも国立公園はありますが、どこへでも出かけることができるというのは、他の国にはない自由さがあります。

スウェーデンでの駐在員になるべき理由についての短い記事をお楽しみいただけましたでしょうか。 私たちは、スウェーデンはどんな人であっても、世界で最も住みやすい国のひとつであると心から信じています。 こんなに北に移動するのは怖いかもしれませんが、後悔しないことをお約束します。 近いうちにここでお会いできることを願っています。