コペンハーゲン・ザ・ワンダフル

人魚姫の故郷

ほとんどの人がコペンハーゲン港の人魚姫を訪れる。 H.C.アンデルセンの有名な童話では、彼女は声を犠牲にして魚のしっぽを足に変え、王子の愛を勝ち取る。

リトル・マーメイド・コペンハーゲン
リトル・マーメイド・コペンハーゲン

人魚姫は、王子が自分を捨ててお姫様になるのを見て、海に身を投じてしまう。 今日、ブロンズで鋳造された人魚姫は、港の遊歩道ランゲリニーの岩の上に置かれている。 残念なことに、彼女は何度も破壊行為に遭っており、一度目は首を落とされ、もう一度目は腕を失い、1998年には2度目の首を落とした。 幸いなことに、彼女のオリジナルのフォルムは保存されている。

漁村から首都へ

900年代にデンマークが王国になったとき、ハヴンは取るに足らない小さな漁村にすぎなかった。 デンマーク王の庇護のもと、バルト海の門に面したこの居留地は、瞬く間に重要な貿易拠点へと発展した。 外交官であり軍人でもあったアブサロン司教は、1167年にスロッツホルム要塞を建設した。 その3年後、コップマンネハフンと名乗るようになった。 この野心的な都市は1443年、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンからなるカルマル連合の首都となった。 1523年以降はコペンハーゲンがデンマークの首都となった。

オクタゴン

広大な八角形の舗装されたスペースにあるデンマーク王室の名城、アマリエンボー。 4つの面に沿って、ほとんど同じ4つの宮殿がある。 壮麗なロココ調の植物に囲まれた、おそらくヨーロッパで最も美しいもののひとつが、フリードリヒ5世を記念する騎馬像である。 毎日正午になると、広場で衛兵が交代する。

コペンハーゲン
コペンハーゲン

ラウンド・タワー(ルンデトールン)

旧市街にあるラウンド・タワーの広いプラットフォームからの眺めを楽しむことができる。 高さ36メートルの塔に上るには、階段は1段も必要ないが、その代わり、カタツムリの殻のように螺旋状に209メートル歩かなければならない。 そうでなければ、かつてのピョートル大帝のように馬で駆け上れたに違いない。 塔はトリニタティス教会のもの。 ここからストロイエとストラーデットというショッピングストリートに出る。 全長約1キロメートルの歩行者天国は、ヨーロッパ最大級の歩行者天国である。

クリスチャンスボー

スロッツホルメン島という小さな島には、首都と島を結ぶ橋がいくつも架かっており、クリスチャンンスボー城がある。 かつては王室の住まいであり、現在は政府と議会の所在地である。 この城は、アブソロンがこの地に要塞を築いた後、6番目に建てられた建物である。 略奪、火災、更新騒動が被害をもたらした。 第3の城は、1417年から国王とその管理機関の居城となった。 現在の建物は1900年代初頭に建てられたものだ。

ナイハウン・コペンハーゲン
ナイハウン・コペンハーゲン

世界で2番目に古い遊園地

1843年にオープンした古くて伝統的なチボリ公園(fornøylsesparken Tivoli)には、端から端まで行くことができる。 かつてのお堀をボートで走ったり、観覧車の頂上から街を眺めたり、ジェットコースターや25種類もあるメリーゴーランドで楽しんだり、数多くのレストランで食事をしたり、コンサートを聴いたりすることができる。 特に人気があるのは、毎日上演されるパントマイムだ。 150年経っても、まぶしいイルミネーションの広告看板は禁止されており、11万個以上のイルミネーションがこの有名な遊園地の独特の雰囲気を作り出している。

コペンハーゲンの実情

都市人口:

1,250 000

アトラクション:

トリニタティス教会、フレデリク教会、ホルメンス教会、チボリ、デンマーク国立美術館(詳しくはこちら)、人魚姫、Ny Carlsberg Glyptotek詳しくはこちら)、円塔、アマリエンボー宮殿、クリスチャンボー城、ローゼンボー城、市庁舎広場、ストロイエ(Stroget)

著名人

ソーレン・キルケゴール(1813-1855)哲学者、神学者

マルティン・アンデルセン・ネクソ(1869-1954)作家

ニールス・ボーア(1885-1962)物理学者(1922年ノーベル賞受賞)

[wpgmza id=”24″]

コメントする