スウェーデン語学習

他のスカンジナビア諸国と同様、スウェーデンも自国の言語であるスウェーデン語に特別な誇りを持っている。 スウェーデン語は、その国での滞在許可証を取得する際の主要な考慮事項ではないかもしれないが、追加言語としてスウェーデン語を学ぶことで、現地での生活がずっと楽になることはすぐに思いつくだろう。 店に入ったら、店員がスウェーデン語が話せると思い込んでいるなんて想像できないだろう。 もちろん、英語圏の人であれば英語に切り替えてくれるだろうが、最初に自分が英語しか話せないということを相手に知らせなければならないだけでも負担に感じる。

スウェーデンに来たばかりで、言葉の壁で苦労することを避けるために、スウェーデン語を学ぶことは、あなたのやることリストの一項目である。 新しい言語、特にスウェーデン語を学ぶのは簡単ではないかもしれない。 語学習得の後押しが、あなたに奇跡を起こすだろう。

なぜスウェーデン語を学ぶ必要があるのですか?

スウェーデンに到着するとすぐに、学生であれ、外国人労働者であれ、居住者であれ、どのような身分であれ、スウェーデン語が第一言語となります。 スウェーデン語を学ぶことは、スウェーデンに溶け込むための最初のポイントである。 もしあなたがスウェーデン語を発せず、エルサレムでただ一人のよそ者として現れたら、どうする? もうひとつの素晴らしい方法は、例えばクルトゥルフェリー(スカンジナビアの言葉を使う)に行くことだ。

スウェーデンに住んでいるときにスウェーデン語を学ぶと、一般的に生活がしやすくなります。 勉強や仕事では必ずしもスウェーデン語を話す必要はないが、日常的な付き合いではスウェーデン語を話す必要があるのかもしれない。 繰り返しになるが、スウェーデンにもっと長く滞在したい、あるいは永住権を取得したいと思うかもしれない。 語学力は、永住権申請を決定する際の重要な考慮事項のひとつです。 したがって、スウェーデン語を学ぶことは、あなたが最初に想像するよりもはるかに多くの利点があります。

スウェーデン語を学べる場所

言語学者は、言語にはイントネーションやシンタックスなど、さまざまな要素があり、それは動的なものだと言うだろう。 したがって、言語を学ぶ最善の方法は、縛り付け、間違いを受け入れることである。 もし、あなたの周りにスウェーデン語が堪能かそれに近い人がいれば、その人たちがあなたの窓口になってくれるからだ。

しかし、少なくともその言語についての初期知識がなければ、人から教わったり練習したりすることは、ただの自己拷問になりかねないことは理解できる。 これを解決するには、テキストと音声を組み合わせたDuolingoのような携帯電話アプリケーションを含む自己学習法にいつでも頼ることができる。 2021年、スウェーデン語学習という新しいウェブサイトが立ち上げられる。

ラーニング・スウェーデン語は、スウェーデン語学習に必要なすべての情報にアクセスできる、新しいウェブサイトです。 個人アカウントを作成する必要がある無料のウェブサイトであることを意図しているが、10ユーロの手数料を支払う必要がある。

スウェーデン語と就職活動

スウェーデンに住む人は、ある程度のレベルまで言語を習得することが奨励されているが、特に英語を話す人であれば、それがチャンスを左右する主要な要素とはならない。 母国語以外の言語を話すことにやや消極的なノルウェー人やデンマーク人とは異なり、スウェーデン人は英語を非常に流暢に話す。

あらゆる階層のスウェーデン人と定期的に交流する必要のある仕事では、スウェーデン語を学ぶ必要があるかもしれません。 人々が英語を話せるのと同じくらい、あなたが彼らの言語を話せることは、あなたが彼らの仲間であるという第一印象を与える。 実際、英語とスウェーデン語を話せることはさらに充実している。

サービス業、エンジニアリング、IT、海外子会社など、スウェーデン語ができなくても雇ってくれる仕事はいろいろある。 社会化のために言語を学ぶのは、自己利益のためだけだろう。

有料オンライン・スウェーデン語コース

  • フォーク大学
  • スウェーデン語オンライン
  • バベル・スウェーデン語
  • ベルリッツ・ライブ・オンライン

無料スウェーデン語研修

  • サフィール
  • ロエセン
  • チャイナスタディ
  • スウェーデン語フラッシュカード
  • スプロークバンケン
  • レキシン
  • 民俗辞書
  • Tyda.se
  • バブドラ
  • グランスカ
  • インターグロット
  • スイージー