デンマークに到着して最初の体験

This post is also available in: 英語 ノルウェー・ブークモール デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 エストニア語 ラトビア語 リトアニア語 ヒンディー語 アラビア語 簡体中国語 フランス語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 スペイン語

新しい目的地への旅の初日に、どんな気持ちでいるかはよくわかりません。 私の場合は、興奮、心配、不安、緊張、そして全体的な感情の高まりが混在していました。 正直なところ、旅の間中、私は自分自身を見失っていました。

コペンハーゲン国際空港への到着

夢を実現するために

学生としてヨーロッパに行く時期がいずれ来るという現実に触れました。 長い間、「先進国」というと、他の国と同じように聞こえていました。 この日は、その本当の意味を体験したいと思っていました。 私は、誰もが第一世界と呼べる場所に足を踏み入れていた。 つまり、発展途上国から、効率性と産業の両立が可能な第一世界に進出することは、並大抵のことではないということです。 案の定、様々な感情が湧き上がってきました。

空港にて

これは驚くべきことかもしれませんし、むしろ言及するに値しないことかもしれません。 白人を身近に感じるようになったのは、空港でのことだった。 今までの人生で、白人系の人たちと親しく話をしたことはありませんでした。 私の経験を疑う人のために言っておくと、確かに私は白人と接したことがあるが、それはほんの一瞬のことだった。 これは、修士課程の学生としてより良い経験をするために、ホストコミュニティを学び始める最初の機会でした。

デンマークへの到着

デンマークの第一印象

空港でのオペレーションの効率の良さには、すでに満足していました。 そこで働いている人たちは皆、自分の仕事を理解し、旅行者が満足するように真面目に仕事をしているように見えた。 待合室では、このチャーミングな白人男性と少し話をした。 彼は私のこと、私の国のこと、そしてデンマークに来た理由を知りたがっていた。 彼はすぐに私のデンマークの第一印象を知りたがった。

ある白人との会話

その人はまず、私がカメルーンやガーナ、ナイジェリアの出身だと思った。なぜなら、これらの国の人々はヨーロッパに多く住んでいるからだ。 私は、白人男性がただの挨拶を交わすことに興味を持ってくれたことに驚きました。

この男性の温かさと明瞭さは、ヨーロッパ人 が忙しすぎるという概念を疑わせた。 今回だけは、このアイデアの推進者はただの意地悪だと思いました。

デンマークでの初めての異人種間会話(このストックイメージは説明のためのものです。

ビルン空港

私の空の旅は、コペンハーゲン空港から1時間15分のフライトで到着したビルン空港で終わった。 ここで、私は少し不安になってきた。 空港で私に声をかけてくれた人は、ほとんどがデンマーク語を話していることに気がついた。 もちろん、乗客がデンマーク語を理解していれば、柔軟に対応してくれた。

言語の壁

私が接した人は皆、”hej hvordan har du det!”という敬語で会話を始めます。 その後、いくつかのことを把握した上で デンマーク語の言葉で、その発言が “やあ、元気かい!”という意味であることに気づきました。これはすでに私に課せられた課題でした。つまり、留学が決まったら、デンマーク語を学ぶために時間を割かなければならないのです。デンマーク語をきちんと学ぶには、デンマークの語学学校に登録しなければなりません。

デンマーク人との会話

デンマークのほとんどの人は、あなたがデンマーク語を知っていることをまず前提としています。 彼らはいつもデンマーク語で会話を始めるのも不思議ではありません。 しかし、私の場合は、ユニークな点に注目しました。 私はデンマーク語を話す人たちに、「私は英語しか理解できないし、話せない」と率直に伝えた。 興味深いことに、彼らは無神経だったことを謝罪し、すぐに英語にシフトしました。 私は、彼らが英語の会話を上手にこなす姿に心を奪われました。

おもてなしの心を持ったデーン

私がよく思い出すのは、タクシーの乗り場を丁寧に教えてくれた女性だ。 彼女は、どこで手に入れるかを説明するのではなく、文字通り、その場所が私の視界に入るまで一緒に歩いてくれた。 そして、その素晴らしい女性は、私に “I wish you a safe stay in Denmark “と言って立ち去っていった。 この言葉は、今でも私の心に響いています。 デンマーク人は礼儀正しい人だと安心させてくれます。

ビルン空港からホルステブロへ

空港では、公共交通機関と民間交通機関がそれぞれの場所に用意されていたからだ。 出迎えを待っていると、空港を出入りする車が何台も見えた。 タクシーとバスが連携して空港内を行き来している。 私は、彼らが乗客をスムーズに送迎するのをじっと見ていました。 私は一瞬、このような優れた交通システムがあれば、自分の国はどうなるだろうかと考えた。 バスは満員になるのを待ちません。 出発時刻になれば、空でも出発しなければなりません。 また、タクシーには待ち時間があり、その間に別の場所に移動しなければなりません。 モビリティーシステムは、ベルトコンベア式に動作します。

デンマークの気温

忘れないうちに、外の気温が寒かったことも覚えています。 冬に到着したため、気温は10度以下で、薄手のジャケットでは十分な防寒ができなかった。 姉の「冬用の服は持っていかなくてもいいよ」という情報に耳を傾けたことを今でも後悔している。 亜熱帯諸国に旅行する人は、旅行先の季節を常に意識しておかないと、天候に合わない服を着てしまうことになるので注意が必要です。

とても寒いデンマークの冬

デンマークでのロードトリップ

すぐにHolstebro Kommuneへと向かうことになった。 整備されたアスファルトの道を見ていると気になってしまう。 歴史の授業で習った「マカダム式道路」を思い出しました。 無駄な渋滞もなく、交通量も多かった。 道路標識には適切な表示があり、ドライバーは細心の注意を払って運転していました。 スピード警告サインは、すべてのドライバーが簡単に見ることができます。 この素晴らしい標識は、長くて広い伸びやかな道路に沿って、タクシードライバーに許容される速度を知らせてくれました。

デンマークの高速道路

デンマークとケニアの交通事情の比較

私の国では、ケニアの自家用車は、街中では50km/h、街中以外では110km/hの制限速度で走っています。 デマークではケースが違った。 ジャンクションやラウンドアバウトの機能的な信号、うまい具合に区分けされた車線、道路標識のおかげで、タクシードライバーは高速道路で130km/hものスピードで運転を楽しんだ。

デンマークの私のアパート

長旅ではあったが、道路や交通の便が良かったので、かなりのスピードで移動することができた。 デンマークの都市、Give、Herning、Aulumを通過しました。 約1時間45分のドライブで、きちんと整備された高速道路や小さな道を通り、ようやくホルステブロに到着した。整備された高速道路や小さな道を通り、約1時間45分かけて、ようやくホルステブロに到着した。 住宅は思っていたほど立派ではなかった。 しかし、十分な駐車スペース、子供たちの遊び場、自然採光のための適切な方位など、良い間隔を持っていました。

借家のコスト

私が住んでいたケニアの首都にある1ベッドルームの家では、毎月100ドルを支払っていたのに対し、妹は3ベッドルームの居住用アパートに7000kr(106.287,21ケニアシリング相当)を支払い、さらに水道や暖房などのサービスに1000krを追加しているという。 その家は広々としていて、自然光がきちんと入ってくる。

デンマークスタイルのアパート

宿泊施設が保証されているので、屋根があるかどうかの心配はなくなりました。 運悪く友人や親戚に引き取ってもらえなかった場合、適切な宿泊施設を探すのに苦労することがあります。 時には2、3日待っても宿が取れないこともある。 そのためには、事前に準備しておく必要があります。 事前に宿泊計画を立てておけば、住宅会社から家を借りるのを待つという負担が減ります。

初日の感動的なラッシュ

とても寒かったので、窓越しに見ると、人々はとても忙しそうに見えました。 空港で出迎えてくれた女性とは違い、ここヒンターランドでは人々はお互いに時間を持て余しているのだと思った。 後になってわかったことだが、これは正しい部分と間違っている部分がある。 中には、外国人に対して不安を感じている人もいましたが、場所の特定、正しい方向へのサイクリング、故障したペダルの修理など、簡単なことであれば、すぐに助けてくれる人もいました。

ミッシングホーム

ただ、「なぜこんな寒いところに来なければならないのか」と自責の念に駆られた。姉の家を出るたびに、大勢の白人が私を受け入れてくれるだろうか?と自責の念に駆られていました。 これこそが、私のこの国での生活を決定づけ、私の経験を形作り、私の認識に影響を与えるものだと思います。 これはすべての外国人の典型的な感覚だと思います…社会的不安の状態から、自信喪失、社会的断絶、そして完全な探索へと移行します。

ホームシックの初体験(これはもちろん私ではありません。

デンマークの市民登録

ケニアのデンマーク大使館でビザと滞在許可証が発行されたときは、ほっとしました。 私は滞在許可証の手続きに追われながら、すでに2ヶ月近く待っていた。 私の心の奥底には、海外で高等教育を受けたいという希望の光が見え始めていましたが、滞在許可証とビザを取得したときの喜びはひとしおでした。

滞在許可証の内容

私の滞在許可証では、到着後5日以内にデンマークの市民登録簿に登録することが義務付けられていました。 私はこれをよく理解できなかった。 私には、ビザと滞在許可証が与えられたことで、十分な登録がなされたと感じました。 あ! 勘違いしていました。 デンマークの市民登録では、到着後、私の居住地の住所がある自治体に、旅券と居住書類をすべて提示する必要がありました。

デンマークの市民登録

ここでは、私自身、そしてデンマークや北欧諸国への移住を考えている人に向けて、真実を語らなければなりません。また、書類作成や在留資格の取得は、誰かに教えてもらうか、渡航前に専門書を読み込んでいないと、思ったほど簡単ではありません(それでも、自己流の読み方だけで十分な情報源になるかどうかは疑問ですが……)。 私の場合は、姉がデンマークに住んでいて、住民登録の意味をすべて理解させてくれたので楽でした。

住民票登録の時期

どこの国でも外国人としての経験がないので、日にちが経つのも早く、まだリラックスした気持ちで自治体に住民登録をしました。 この時点で、私はすでに市民登録 がデンマーク滞在の重要な要素であることを知っていた。 それでも、私が公団に登録に行ったのは4日目のことだった。 言うまでもなく、登録までのプロセスはとてもスムーズでした。 それどころか、なぜ来るのが遅かったのか、完全に乗り越えるのが遅かったのかと思いました。

デンマークでの留学生の市民登録は簡単ですか?

率直に申し上げて、デンマークでの外国人としての市民登録がすべて簡単ではないかもしれません。 特に、必要な書類を持っていない人は、劇的な結果になることもあると思います。 といっても、無理やりパトカーに乗せられて連れて行かれるわけではありません。 私が言いたいのは、必要な書類がなければ、デンマーク当局が助けてくれることはないということです。 デンマーク人は自分たちのシステムを信頼しているので、正しい書類がなければ、それを回避するための手助けはしてくれません。

デンマークでのCPR取得に必要な書類

あなたが登録している自治体があなたを支援する前に、必ず長い経歴確認の連鎖があるはずです。 後になってわかったのですが、私が公団で経験したことは、居住書類 がすべて揃っていて、すぐに要件を満たすことができたので、簡単でした。 必要なものは、大体において、滞在許可証の原本、パスポート、居住地の住所、そして保証人でした。

デンマークでCPRを取得する際のGuarantorの必要性について

保証人は、有効な永住権、市民権、更新可能な一時滞在許可証の保持者など、デンマークでの法的地位を有する人でなければなりません。 外国人を保証するために永住権を持つべきだと言いたいわけではありません。 理想的には、法的な住居を持っている人なら誰でもできることです。 ただ、デンマーク人はとても忙しいので、保証人が必要な場合は早めに連絡して、時間を作ってもらった方がいいですね。

デンマークのNemIDとCPR

登録では、必要な書類とバイオメトリクスを出しただけです。 私の市民登録番号 (CPR No.)とNemIDは短時間で準備できました。 この後、デンマークで何らかのサービスを受けるためには、CPR)とNemIDが鍵になると発行担当者は強調していた。 彼女の説明を聞いていると、実はこのプロセスは、私がヨーロッパを満喫するための入り口なのではないかと思えてきました。

在留カード・健康カード

係員は、1週間以内にポストに住民票と健康保険証が届くから待っていてくれと言った。 登録を始める前に、まず居住地の住所を伝えなければならなかったことを思い出してほしい。 これは、2つの重要な書類を送付するのと同じ住所です。

健康保険証の話が出てきたので、安心しました。 私が読んだほとんどの国は、国民が自分で医療保険を購入することを望んでいました。 デンマークは、外国人であるにもかかわらず、こんなことをしてくれていたんですね。 CPRとNemIDのおかげで、borger.dkという市民メールにアクセスできるようになりました。 あらゆる形態の電子的なパブリックコミュニケーションが行われるのは、このデジタルメールボックスの中です。

イエローカード・在留カードの交付について

自治体の係員が約束した通り、イエローカードと住民票が私の住所に届いた。 銀行口座の開設や医療など、あらゆるサービスを自由に受けることができました。

デンマークの健康保険証

このような透明性、効率性、親しみやすさを備えた公共サービスシステムが存在する可能性を、私は最初に信じることができませんでした。 ケニアの家族との別れや、冬の寒さに悩まされる中、デンマークのシステムが好きになっていきました。

Latest posts by Awino Fredrick (see all)