デンマークの住宅事情

This post is also available in: 英語 ノルウェー・ブークモール デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 エストニア語 ラトビア語 リトアニア語 アラビア語 簡体中国語 フランス語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 スペイン語 ハンガリー語 ウクライナ語 オランダ語 イタリア語

デンマークで目立つのは、ホームレスがまれにいることです。 繰り返しになりますが、この国の社会システムと様々な仕事の機会は、誰もがまともな生活を送る機会を得ることを容易にしています。

デンマークに移住したら、まず優先すべきなのは住居です。 少しでも家に入れてくれる人はめったにいません。 学生として、あるいは仕事でデンマークに移住する場合、住む場所の手配は個人の責任で行うことになります。

デンマークの宿泊施設・アパート

デンマークへの移住理由に応じて、短期滞在用または長期滞在用の宿泊施設を手配することができます。 短期滞在の場合は、デンマーク全土の都市にある様々なホテルが提供してくれますが、長期滞在の場合は、住宅会社とのより詳細な契約が必要となります。

デンマークの宿泊施設は、生活に必要な設備がすべて整っていることが特徴です。 デンマークの賃貸住宅は、最低でもトイレが付いていて、下水道、暖房、電気がつながっています。 その他、乾燥学習、洗濯機、冷蔵庫、食器洗い機などの追加設備は、ハウスによって異なります。 当然のことながら、賃貸住宅に物を増やせば増やすほど、月々の家賃は上がります。

住宅会社

デンマークには適切に規制された住宅会社があり、国民全員がきちんとした屋根を手に入れられることに誇りを持っています。 この会社は、一定の基準と規則に従って、居住可能な住宅を建設し、維持し、毎月の適正な家賃で提供しています。 デンマークの各自治体には、様々な住宅を提供する住宅会社が複数あります。

どのようなタイプの家が必要なのか、住宅会社に直接問い合わせて仕様を確認することができます。 デンマークに移住する前に連絡を取る必要があります。なぜなら、あなたの賃貸ニーズにマッチした家を手に入れるためには、少し時間が必要だからです。

デンマークで家を手に入れるにはどれくらいの時間がかかりますか?

入居してすぐに家を手に入れて生活を始めるような他の国とは違い、デンマークは少し違います。 運が良ければ、その日のうちに家が見つかることもありますが、2、3週間待たなければならないこともあります。 住宅会社は、ただ申し込みを受け付けて家を与えるだけではない。

一般的には、デューデリジェンス(デンマークに住むことが法的に認められているかどうかの確認)を行う必要があります。 その際には、家を持つことが許されていることを証明するために、市民登録番号(CPR)の提出が必要になります。 この場合も、床面積、室内デザイン、部屋数など、お客様のニーズに合った住宅を住宅会社が探すため、最長で3ヶ月間のウェイティングリストに載ります。

デンマークへの移住が決まったら、すぐにでも積極的に宿泊施設を申し込む必要があります。 しかし、学生や仕事で来る場合は、受け入れ先の機関が家を確保しやすいように配慮してくれます。 それでも、交渉された家が本当に自分の希望に合っているかどうかは、強く意識しておく必要があるでしょう。 ハウスの仕様は、デンマークでの生活に常に影響を与えるため、無視することはできません。

デンマークの月額賃料

デンマークの物価は比較的高いので、月々の家賃も高くなります。 デンマークの月々の家賃の範囲は、家の大きさ、装備されている他の設備、場所など、いくつかの要因によって異なります。 コペンハーゲン、オーフス、オールボー、オーデンセなどの大都市では、小都市に比べて家賃が高い。 仕事上、大都市に住む必要がないのであれば、小規模な都市を検討し、家賃を節約することをお勧めします。

様々な住居形態の場合、デンマークで想定される家賃の目安は以下の通りです。

  • シェアアパートの1人部屋-DKK 4,000~DKK 6,000
  • 子供やカップルに適した、室内にキッチンとバスルームがあるダブルルーム-DKK 8,000~DKK 10,000。
  • 2~3部屋のアパート-13,000~DKK15,000
  • 4~6部屋、キッチン、バスルーム付きの大型アパート-DKK 16,000。

先に述べたように、家賃の範囲は都市によって異なるので、運良く安いオファーを見つけることができるかもしれません。 しかし、デンマークに来たばかりの人にとっては、上記の範囲の家賃は十分にリーズナブルなので、途中で挫折することはないでしょう。

デンマークでの住宅購入について

デンマークに非常に長く住む予定の方や、永住権を取得している方には、マイホームを購入するのが一番の近道です。 デンマークでは、街中や郊外に古い家があり、それを買って自分の好きなように改装することができます。

家はいつも高価で、所有権を得るためにはすべての支払いを済ませる必要があります。 しかし、銀行は住宅購入のためのローンを組むことができ、それを長い期間かけて返済していきます。 家を買うことの素晴らしさは、ローンを返済し終わった後、自分がその家を完全にコントロールし、周りの空間を使ってどんなことでもできることです。

デンマークに長く住むことが決まっていて、経済的にも余裕がある人は、自分の家を購入することが多いです。 自分の家には、子供たちが遊べる十分な広さの敷地や、保護された駐車スペースなどが付いています。 自分の環境を自分でコントロールしたいという方には、家を買うという選択肢があります。