ノルウェーでの留学生活

This post is also available in: 英語 ノルウェー・ブークモール デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 エストニア語 ラトビア語 リトアニア語 ヒンディー語 アラビア語 簡体中国語 フランス語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 スペイン語 ハンガリー語 タイ語 ウクライナ語 ベトナム語

ノルウェーは確かに、隠された宝の国です。 ヨーロッパやスカンジナビア地域を旅して、ノルウェーにたどり着く人はあまり多くありません。 ノルウェーは、極寒の地、暗い冬で知られていますが、世界的に見てもトップクラスの大学があります。

最高の高等教育を受けたいと願う野心的な男性や女性は、自信を持ってノルウェーに頼ることができます。 実際、ノルウェーは寒すぎると言われたら、学校や大学で行われている最先端の研究や学習がノルウェーを温めていると答えてください…Ahaah!

ノルウェーの教育水準の高さに加えて、ノルウェーの公立大学は授業料を一切請求しません。

スカンジナビアの他の大学が留学生を募集しているのに対し、ノルウェーでは世界中の野心的で才能のある学生が学費無料で教育を受けることができます。 ノルウェーの公立大学は、世界中の優秀な学生が学費無料で入学することができます。

ノルウェーの大学

これまでノルウェーについてあまり知らなかったとしても、少なくとも北欧諸国の一つであることは十分に認識しているはずです。 ここでスカンジナビアの中と言っているのは意図的なもので、各国の教育、研究、革新、開発のレベルは際立っており、ノルウェーも例外ではありません。

ノルウェーへの留学に興味がありますか? 大学で提供されている様々な学習プログラムに目を向けることができます。 ノルウェーで高い評価を受けている大学には、オスロ大学、ベルゲン大学、ノルウェー科学技術大学、トロムソ大学・ノルウェー北極大学などがあり、それぞれ135、171、363、369にランクインしています。

今回のノルウェーの大学ランキングは、変化の激しい世界で学生が常に最適な専門知識を得られるように、ノルウェーの大学と政府が高いレベルの投資を行っていることを示しています。

英語でのノルウェー留学

その名が示すように、ノルウェーで はノルウェー語が主流ですが、英語で授業を行うコースやプログラムもいくつかあります。 これから留学される方は、ノルウェー語が話せなくても、どうやってノルウェーで教育を受けられるのか不安に思われるかもしれません。

ノルウェーの大学には、会話や学術英語の能力が高い教員がいるというのが真実です。 ノルウェーでは、英語を話す学生が居心地の悪い思いをすることはありません。

英語で授業が行われるプログラムに参加するためには、ノルウェー語を知っていることは必須ではありません。 誰もが言うように、英語は科学の言語ですから、それさえあれば対応できるのです。 この場合、ノルウェー語を話す能力は、日常生活や、勉強が終わった後の就職に役立つだけです。

英語圏の学生は、英語で提供されている200以上のマスタープログラムに応募することができます。 また、英語で授業や試験を行う学部のコースも非常に多くあります。

ノルウェーの大学が提供するコースには、人文科学、社会科学、法律、神学、数学、技術、自然科学、教育、健康科学、歯科学、エネルギー、開発、工学、ジェンダー研究などの分野が含まれています。

多様性と包括性はノルウェーの大学の中核的要素であり、その結果、15,000人以上の外国人留学生が入学しています。 暖かく迎え入れられ、ノルウェーならではの最高の学術的・社会的環境でもてなされるでしょう。

ノルウェーでの留学生活では、素晴らしい風景や自然に魅了されるとともに、インタラクティブな学習にもワクワクすることでしょう。 驚くほどの速さで研究が進むのではないでしょうか。

ノルウェーの大学への入学許可

ほとんどの場合、ノルウェーのアカデミック・カレンダーは毎年8月から始まります。 つまり、前年に入学願書を送るチャンスがあるということです。

2021年8月からのノルウェー留学を希望する場合、申請書の提出期限は2020年12月から2021年3月までの間である必要があります。 締め切りは常に厳守され、超過することはありません。

締め切りに間に合わなかった場合は、間違えた部分を修正して次の機会に送るのが適切でしょう。 また、大学によっては事前審査を必要とする場合もありますのでご注意ください。

すべての書類と証明書を提出しなければならない厳しい期限があるため、時間に余裕を持って興味のある大学とコースを特定することが適切です。

どのようなコースをどの大学で履修するかをタイムリーに決定すれば、彼らの具体的な要求を知り、書類を集め、提出することが容易になります。

ノルウェーへの留学を成功させるためには、あなたのこれまでの学歴に合ったプログラムに応募することをお勧めします。 あなたの過去の学歴と現在応募している学歴との間にマッチするものを探すのに入試委員会を苦労させたくはありません。 ほとんどの場合、ミスマッチはアドミッションチャンスの拒否につながります。

ノルウェーでの留学費用

外国人留学生にとってノルウェーでの留学が重要なのは、ノルウェーの公立大学が授業料を無料にしていることです。 ノルウェーの学部、修士、博士課程の授業料はすべて無料です。

世界中のすべての学生が、授業料無料でノルウェーの大学、修士、博士課程に留学することができます。 大学に入学するための唯一の前提条件は、志願者が最低限設定された入学条件を満たすことです。

ノルウェーの公立大学に出願し、入学許可を得るために必要な費用は、学期ごとに30〜60ユーロの学生組合費のみです。

ノルウェーでの学生生活にかかる費用

ご存知のように、ノルウェーは主に都市部に位置しているため、あらゆるものに費用がかかります。ノルウェーの学生の生活費には、住居費、食費、教材費、光熱費、旅行費、雑費などが含まれます。

ノルウェーの生活費はヨーロッパ諸国の平均を若干上回っていますが、それは生活の質の高さと生活水準の高さで補われています。 必要なのは、賢く使うことと、なくてもいいものを避けることです。

ノルウェーで予算内で生活するためには、賢くなることが大切です。 例えば、安い食料品店を見極めること、必要なければ新しい服を買わないこと、一人なら小さなアパートに住むこと、旅行を最小限にすることなどです。

毎月の平均的な支出額は800~1,400ユーロですが、これは住む都市によって異なります。 もちろん、コストはノルウェーの方が高く、ノルウェーに住むような小さな都市の方が安いです。

ノルウェーの費用は、大都市ではかなり高くなります。 トロムソやトロンヘイムなどの都市での生活費をご紹介します。