ノルウェー駐在員のための高収入の仕事

ノルウェー王国はスカンジナビアで最も優れた国のひとつである。 多様で自然な景観がある。 ノルウェーはフィヨルドが最も長く、美しく、密集している国である。 さらに、ノルウェーには感動的なオーロラ、忘れられない鉄道の旅、そして類まれな野生動物がいる。 だから、駐在員としてこのような良い環境で働けるのは良いことだ。

ノルウェー人を最も多く雇用しているのは、農業、エンジニアリング、法律、教育の3部門である。 この国はまた、従業員に非常に競争力のある給与を提供しており、従業員のモチベーションを高めている。 資源が豊富で民主主義が進んでいるからだ。

ノルウェーの外国人駐在員に人気の仕事

ノルウェーで高収入の仕事には、工学、教授、情報技術、外科医などがある、

ノルウェーの情報技術の求人

情報技術(IT)の仕事は、開発者を含む人々にとって有利なポジションを提供する。 基本的に、IT分野ではノルウェー語を学ぶ必要はない。 しかし、IT系外国人であっても、自分のためにやるのはいいことだ。 そのような人々の推定給与は715,000ノルウェークローネである。 さらにノルウェーでは、プロジェクト・マネジャーやプログラマーを含むIT専門家の需要が高い。

教授

ノルウェーは教師を高く評価する国のひとつである。 ノルウェーの大学教授になれば、ノルウェーでは教師の需要が高いため、高給を得ることができる。 しかし、他の教師たちの収入はもう少し少ない。 こうした教師の平均給与は205,000ノルウェークローネから710,000ノルウェークローネである。 大学教授の年収は789,000ノルウェークローネである。

銀行マネージャー

ノルウェーは投資に適した場所であり、それがマネジャーを抱える理由でもある。 投資や資金問題を扱う。 彼らの平均年収は670,000ノルウェークローネから2,320,000ノルウェークローネである。

エンジニアリング

ノルウェーでは機械技師と土木技師の両方が必要とされている。 全米の建設産業は約1000億ドル。 また、今後も成長し続けるだろう。 土木技師の収入は約560,000ノルウェークローネである。

外国人であれば、エントリーレベルで機械工学の仕事の機会を得ることができる。 もしノルウェーを訪れたことがないのなら、私がノルウェーが世界でもトップクラスの工業国であると言っても信じてほしい。 駐在員としてこの職業に就くと、251,000ノルウェークローネから867,000ノルウェークローネを稼ぐことができる。

外科医/医師

ノルウェーでは外科医は高給取りである。 これは仕事の性質によるものだ。 非常に重要なポジションだ。 また、このキャリアは高いリスクを伴い、幅広い知識と長い学習経路を必要とする。 要するに、高給を得るために必要なものがすべて揃っているのだ。 しかし、ノルウェー語は重要だ。 患者とのコミュニケーションはそれしかない。 給与範囲は105万ノルウェークローネから362万ノルウェークローネ。

バイオテクノロジー、ノルウェー駐在員のための最も給与の高い仕事

ノルウェーのバイオテクノロジーはオスロを中心に非常に発達している。 ITと同じように、バイオテクノロジーでもノルウェー語を知らなくても仕事ができる。 また、この分野は発展しているため、こうした専門家に対する需要も高い。 これらの専門家の平均給与は823,000ノルウェークローネから1,290,000ノルウェークローネである。

裁判官と弁護士

ノルウェーでは弁護士が高く評価されている。 そのため、高く評価されている。 良い弁護士は、お金だけでなく、あなたの人生も救うことができる。 収入は712,000ノルウェークローネから2,460,000ノルウェークローネである。 加えて、裁判官の給料も高い。 なぜなら、彼らには大きな責任があるからだ。 何百人もの人間の運命を決めるのは非常に難しい。 給与は88万ノルウェークローネから304万ノルウェークローネである。

ノルウェーで働くメリット

ノルウェーは生活水準が高い。 生活費は高いが、ワークライフバランスは健全だ。 これにより、人々は仕事をし、リラックスし、愛する人と時間を過ごすことができる。 国には育児休暇制度がある。 母親であれば、35週間の完全有給休暇を取得できる。

ノルウェーにも社会保障制度がある。 ノルウェー居住者は社会保障制度に保険料を支払う義務がある。 雇用主が報告しなければならないのは、報酬や賃金に対する社会保険料を支払う雇用主である。

さらにノルウェーには休暇休暇がある。 ノルウェー居住者であれば、年間最低25営業日が与えられる。 この場合、営業日には土曜日も含まれる。 また、60歳以上の雇用主には6労働日の追加休暇が与えられる。

ノルウェーの文化には、スキーやハイキングなどのアウトドアスポーツを楽しむ人々を後押しする自然環境がある。 また、ファンタジックなキャラクター、魔女、エルフ、トロールに関する神話もある。 国の自然環境は伝統的な料理を提供する。 ノルウェーに来たら、この国のラム肉は見逃せない。 子羊が草を食むきれいな牧草地があるからだ。

デンマークなど他のスカンジナビア諸国と同様、ノルウェーにも最低賃金がある。 また、賃金は通常、団体交渉を通じて取り決められる。 雇用に関する個別協定があるのは一部のケースに限られる。 ノルウェーでは、通常の労働時間は毎日9時間であるため、残業代も支払われる。

ノルウェーで働くデメリット

ノルウェーで働くのはいいことだが、短所もある。 一つ目は仕事を得ることだ。 国内で仕事を得るには1カ月以上かかるかもしれない。 もうひとつは運転免許の取得だ。 自国にいるときに運転免許証を持っていたとしても、ノルウェーでは別の免許証を取得する必要があります。 免許を取得するのに2000ドルほどかかるかもしれないが、通勤やその他の活動をするための唯一の簡単な方法だ。

ノルウェーの物価は高い。 ヨーロッパでは、食料品の価格が2番目に高い国である。 また、タバコやアルコールの値段も高い。 この問題により、タバコ、アルコール、キャンディーなどをスウェーデンに買いに行くノルウェー人もいる。