初心者のための北欧

This post is also available in: 英語 ノルウェー・ブークモール デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 エストニア語 ラトビア語 リトアニア語 ヒンディー語 アラビア語 簡体中国語 フランス語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 スペイン語 ハンガリー語 タイ語 ウクライナ語 ベトナム語

スカンジナビア。 氷と雪でできた国。 少なくとも、実際に私たちを訪れる前には、ほとんどの人がそう思っていることでしょう。 北欧の魅力は、実は氷や雪だけではありません。 ここでは、北欧を訪れる前に知っておきたい北欧の情報をご紹介します。 私たちが世間で言われているように、本当に不思議な存在なのかどうか見てみましょう。

ホッキョクグマがいない

ただ、これは先に言っておかなければならないと思いました。 スカンジナビアにはホッキョクグマはいません(ノルウェー経由でスカンジナビアの一部とされるスヴァールバルを除く)。 ここは北極点ではなく、スカンジナビアです。 実際に暖かい夏を過ごすことができます。

それが最初に気づくべきことです。 夏に遊びに来たときは、暖かい服は家に置いておいてください。 スカンジナビアのほとんどは、実際にはかなり穏やかな気候です。 冬にはほとんど雪が降らないこともあります。 ただし、レインコートは持参した方がいいでしょう。 携帯電話の天気予報が何を言っていても、雨が降ってきても驚かないでください。

私たちは意地悪ではありません。

これはスウェーデンに一番合うかもしれませんが、北欧諸国すべてに当てはまります。 バスや地下鉄に座ると、その静けさに気づくことがあります。 誰も会話をしていないし、これは何もおかしくない。 また、私たちは、あなたと会話をしないことや、あなたが私たちとの会話を開始した場合、あなたと話すことに興奮しないことは意地悪ではありません。 それがここでの生き方なのだ。 私たちは、一度知り合えばとてもフレンドリーです。 しかし、私たちのことを知ってもらうのは、難しいことです。

頑張ってお酒を買う

どこの店でもビールを買えばいいと思っているかもしれない。 残念ながら、北欧のほとんどの国(デンマークを除くすべての国)では、そういうわけにはいきません。 例えばスウェーデンでは、アルコール度数が2.25%を超えるアルコール飲料を購入する場合は、Systembolagetに行かなければなりません。 もちろん、レストランやクラブでビールを楽しむことはできますが、帰るときに何かを持っていくことはできません。

Systembolagetでお買い物をするには、21歳以上である必要があります。 同様のルールは、デンマークを除くスカンジナビア諸国にもあります。 もうひとつ。 Systembolagetは日曜日は休業、土曜日は営業時間が限られています。

冬に来ても大丈夫

冬になったからといって、日本中が閉ざされるわけではありません。 確かに少し暗くはなりますが、スカンジナビアは夏よりも冬の方が美しいと多くの人が主張します。 また、先に述べたように、冬はかなり温暖になることが多いです。 北部の都市に行けば別ですが。 雪に囲まれたオーロラを見ることを夢見たことがあるなら、ここはそのための場所です。

もちろん、それ以外のことも複数あります。 スカンジナビアでは、スキーはとても大きなスポーツです。 アイススケートや犬ぞりもそうです。 真のバイキングであれば、泳ぐこともできます。 これはフィンランドでは非常に人気があります。 まず、サウナに入って体を温めます。 そして、冷たい湖に飛び込んで体を冷やす。 その後、すぐにサウナに戻ります。 おかしいと思いませんか? 科学者たちは、これを行うことで様々な方法で健康を改善できることを実際に証明しています。

この記事を読んで、皆さんがあまり怖がらなかったことを願っています。北欧はクレイジーな場所のように思えるかもしれませんが、実際に到着してみると…言葉では説明できません。 自分の目で確かめてみてください。