北欧のペットへの愛情

This post is also available in: 英語 ノルウェー・ブークモール デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 エストニア語 ラトビア語 リトアニア語 ヒンディー語 アラビア語 簡体中国語 フランス語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 スペイン語 ハンガリー語 タイ語 ウクライナ語 ベトナム語

北欧のペットへの愛情は、ほとんど狂信的といっても過言ではありません。 どこの街でも、犬を連れて歩いている人を見ないことはないでしょう。 ペットの中でも、犬は北欧の人々の憧れの的です。 彼らは、犬を人間と同じように、あるいはそれ以上に扱う。 しかし、北欧の人々のこの異常なまでの犬好きの原因は何なのでしょうか? 行きましょう。

ペットは人間の生活の中で重要な役割を果たしています。 そのため、北欧の人の家ではペットがいないことはまずありません。 ヴァイキングの時代にも、さまざまな理由でペットを飼っていました。 飼っているペットは主に猫と犬。

北欧では、アレルギー対応のアパートを除いて、ほとんどの家でペットを飼うことができます。 電車の中でもペットを飼うことができますが、アレルギー体質の人がいない特殊な場所ではペットを飼うことができません。 また、電車や車の中では、彼らのために席を確保することも重要です。

北欧における犬の歴史的ブーム

繰り返しになりますが、バイキング時代には犬や猫を飼っていましたが、現在まで残っている一般的な犬種のひとつにノルウェーのブフンドがあります。 犬は群れを作る、人を誘導する、麻薬を探知するなど多目的に活躍した。 それ以外にも遊び心があり、北欧やアメリカではペットとして愛用する人が多いのはそのためです。

ノルウェー・エルクハウンドも北欧では有名な犬種です。 大胆、遊び好き、独立心が強い、警戒心が強い、騒々しいなどの特徴があり、北欧の人たちによく似合う犬です。 特徴以外では、冒険が大好きで、保護的で献身的な犬です。

ペットといえば、ノルウェージャンフォレストキャットが忘れられません。 その人間に対する愛情は測ることができず、それがほとんどのスカンジナビア人が愛し、彼らと一緒にいると素晴らしい気分になる理由です。 その上、他の猫と比べて自立していて静かです。

北欧でのペットの取り扱いについて

北欧では、犬や猫は、道端で見過ごしてしまうような普通の動物ではありません。 あなたが気にも留めないような犬や猫が、実は北欧の会社では昼夜を問わず活躍しているのです。 一般的に北欧の人々は一人暮らしが多いのですが、ペットがいると家の中が暖かく感じます。 賃貸住宅でも、ペットを飼っているかどうかは意外と気になるものです。

北欧の主要な街を歩いていると、犬を連れて歩いている人や、ペット専門の獣医師の施設、ペットのスタイリストなどを見つけるのに時間はかからないでしょう。 北欧での最初の数日間は、これが少し奇妙に見えるかもしれませんが、時間が経つにつれ、それが理解できるようになります。 このような人たちは、ペットを人間とほぼ同じように扱います。 彼らは、自分たちのペットがとても重要であるかのように(もちろん、彼らにとってはとても重要なのですが)、時間をかけてペットの話をしてくれます。

北欧人が犬を愛する理由

世界的に見ても、北欧の人たちは犬との関係が深い。 犬への愛情は、一人当たりの犬への支出額の高さや、犬を飼っている人の割合の高さからもわかります。 残念ながら、ご先祖様がペースを握っていなければ、このようなことはできなかったでしょう。

次の世代が犬から大きな愛情と思いやりを得られるようになったのは、北欧の祖先のおかげです。 大規模な移民などで北欧の文化が一変しても、犬への愛情は変わりません。 彼らは、自分が彼らから安らぎを得ていると信じている。 近所を歩いていると、犬を連れて散歩している人に出会ったり、一緒に買い物に行ったりすることもよくあります。

また、北欧の人々が犬を愛するのは、バイキングの時代から犬が冥界の守護者であると信じられていたからです。 その時代、犬も人間と一緒に埋葬されていたことをご存知ですか? ヴァイキングはユニークな人たちで、亡くなった人に導きを与え、さらには冥界に導いてくれると信じていたので、そうしていたのです。

北欧人が猫を愛する理由

北欧の神話では、猫はお気に入りの動物でした。 例えば、Freyr(豊穣、幸運、愛の女神)のChariotは2匹の猫に引かれていました。 なぜ彼女は他のペットを選ばなかったのか? 彼女がこのペットを選んだのは、猫には「予測できない」「思考や行動が謎」という象徴があるからです。

北欧では猫は怖いものだと思われています。 だから、真夜中に現れても、誰も先のことはわからない。 ある意味、猫は人間を危害から守る傾向があります。 フレイアが一緒に歩いた猫たちは音を立てず、それは彼らが謙虚さ、共感性、そして優しさを持っていることの表れである。

北欧の人々は、独立した存在として猫を敬愛しています。 そのため、人間との関係をうまく管理しているにもかかわらず、一人歩きする生き物と言われることもあります。

北欧の人がペットと別れない理由はこれだったのか

北欧では、ペットは保護、忠誠、無条件の愛、健康上の利点、そして交友関係を提供するものとして愛されています。 彼らは家族の一員です。 誕生日や特別な日にはお祝いされ、北欧人の心の中では特別な存在なのでプレゼントも贈られます。 忘れてはいけないのは、彼らも人間と同じように休暇をとることです。

保護

ペットは、バイキング時代のように監視役として北欧の人々を守っていたのです。 例えば、犬は通常、侵入者がいた場合に飼い主に警告するように訓練されています。 しかし、場合によっては、見知らぬ人に対して攻撃的になることもあります。

ロイヤリティー

忠誠心というと、真っ先に結びつく動物は犬です。 飼い主を守ることは、彼らの忠誠心を確認する一つの方法です。 場合によっては、自分の命をかけて人間を助けることもあります。

無条件の愛

人間に比べて、ペットは判断力がありません。 北欧の人々には、喜び、意味、そして無条件の愛を与えてくれます。 また、不安やストレスを解消し、孤独感を軽減してくれます。 すべてのペットが愛を与えてくれるわけではなく、人間の行動がペットへの接し方に影響します。だからこそ、北欧の人々がこれまでに行ってきたように、正しい方法でペットに接することが大切なのです。 結局、人間に仲間を提供することは、犬が無条件に人間を愛することを確認することになる。

健康上の利点

上手に振る舞うペットとの交流は、βエンドルフィンやオキシトシンの変化によってもたらされるストレスを軽減します。 また、ペットを散歩させることは、動物を飼っている人にとっては当たり前のことです。 そのため、1台所有することで、人付き合いや外に出ること、運動する機会を増やすことができます。