北欧のモンスター

This post is also available in: 英語 ノルウェー・ブークモール デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 エストニア語 ラトビア語 リトアニア語 ヒンディー語 アラビア語 簡体中国語 フランス語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 スペイン語 ハンガリー語 タイ語 ウクライナ語 ベトナム語

北欧のモンスターは、ノルウェーの信仰体系を決定づける重要な資料であり、証拠でもあります。 実際、ノルウェー人の神話や信仰をより深く理解したいと思っている人にとっては、このモンスターは、彼らについての偉大な知識の源となるかもしれないものを覗き見ることができます。

北欧神話では、北欧の神々だけが強力な生き物ではありませんでした。 その代わりに、人間を脅かしたり、神に挑戦したりする生き物が絶えず現れました。 北欧神話には、巨人、小人、エルフなどの不思議な生き物が登場します。

ドワーフモンスター

ドワーフは、ユミルの死体からウジ虫として発生した小さな生き物です。 彼らは劣等生物とみなされ、鍛冶屋や鉱山が密集しているとされるスヴァルタルフヘイムの地下に住んでいました。 ドワーフは、グングニル、トールのハンマー、ミョルニル、オーディンの槍など、最高級の宝石や武器を作った存在とされています。

いくつかの神話では、ドワーフは日光を浴びると石になるように描かれています。 例えば、ソルスの娘の結婚相手となった小人の一人であるアルヴィス。 残念ながら、彼は騙されて夜明けまで話をしていましたが、太陽の光を浴びて石になってしまいました。

フェンリルモンスター

北欧神話では、フェンリルは最も人気のあるオオカミの生き物で、巨人の女アングロボーダと神ロキの息子でした。 フェンリルは、アスガルドの神々に育てられ、9つの世界に破壊をもたらすのを阻止しました。 しかし、彼は急速に成長し、問題を起こして鎖につながれてしまいました。

フェンリルが鎖につながれたのは、神々が彼の強さを見るためにゲームをしているうちに、鎖につながれるように説得したからです。 しかも、それぞれのボンドを簡単に破ってしまった。 結局、神々は小人たちに、軽くて強い独自の鎖を開発させることになった。 鎖を疑っていたので、誠意の象徴として神々の一人にフェンリルの口に手を入れさせたのです。

北欧神話では、フェンリルは邪悪な生き物ではなく、生命の自然の摂理として信じられています。 例えば、ラグナロクでオーディンを殺すことを神々が知っていたため、鎖でつながれていた。 鎖に繋がれていた時、口に剣を入れて口を開けていたため、よだれが出て泡のような川「エクスペクト」を作っていました。

ヨルムンガンド

ヨルムンガンドは、フェンリルの弟で、「世界の大蛇」「ミッドガルドの大蛇」とも呼ばれています。 彼はラグナロクで重要な役割を果たしました。 地球上のすべてのものを整えることに努めた。 オーディンはヨルムンガンドがトラブルに巻き込まれないように水の中に投げ込んだ。 しかし、そのしもべは、ミッドガルドを取り囲むように大きくなり、尻尾もつかめるようになりました。

ヴァルキリー

ヴァルキューレは、オーディン神に仕える女性の精霊です。 ラグナロクを待つ間、オーディンの落ち武者軍団の本拠地であるヴァルハラに、殺された英雄たちを戦いの場に運び、出産もした。 オーディンのために働く以外にも、「殺された者を選ぶ者」であるヴァルキューレは、悪意のある魔法を使って自分の好みを高めながら戦いに生き、そして死んでいった。

トロール

北欧神話では、地下に住むノームのような小さなトロールと、森や山に住む醜いロールの2種類のトロールが存在していました。 彼らは悪意を持っていますが、場合によっては親切にしてくれることもありますが、それは好意と引き換えです。 また、彼らの多くは予言や魔法の力を持っていました。 北欧の田舎では、トロルが日光を浴びて石になったことで、ほとんどの玉石が開発されたと言われています。

ドラウグル

北欧神話は、ゾンビを抜きにしては語れません。 Draugrは、腐敗臭と超人的な力を持つアンデッドとされている。 彼らは固い岩の中を泳ぐことができたので、墓から出ることができたのだと思います。 彼らは墓の中の宝物を守るために日々を過ごし、奪おうとする者を潰すこともあった。

スレイプニル

スレイプニルはオーディンの8本足の馬で、ロキの子孫です。 牝馬を装って牡馬のオーナーの気を引こうとした馬の中では一番です。 また、Sleipnirは嵐のような灰色のコートを持つ、美しく力強い馬とされていました。 その号令でオーディンは彼を大切にし、戦争に行くときも彼に乗っていました。

エルフ

北欧神話には、光の生き物である「Ljosalfar」と闇の生き物である「Dokkalfar」という2種類のエルフがいました。 彼らは背が高くてスリムな半神で、髪と肌が青白い。 太陽よりも美しいと信じられていたのです。 エルフは人間との関わりを持たず、時には気まぐれに病気を治したり起こしたりすることもありました。

フォセグリム

フォセグリムはグリムとも呼ばれ、バイオリンで音楽を奏でるクリーチャーであり、水の精霊です。 彼らは通常、美しい半裸の男性とされており、技術を教えるために誘導することができます。 この生き物は通常、北に流れる滝から頭を下げて投げられる白ヤギのような供物を必要とします。 もう一つの犠牲は、4週連続で木曜日に隣人の倉庫から盗んできた羊肉の燻製です。

クラーケン

クラーケンは、タコと巨大なイカが混じっていると考えられている有名な海の怪物です。 その体は非常に大きく、ほとんどの人が島だと思っている。 島に足を踏み入れた人間は、沈んで死んでしまい、それが怪物の餌になった。

クラーケンは、魚をおびき寄せるために、考えた粘り気のある排泄物を水中に放出しました。 しかも、生臭くて強烈な匂いで他の魚を呼び寄せ、それを食べてしまう。 クラーケンは、巨大なサイズに成長するダイオウイカからヒントを得ました。

ハルドゥラ

Huldraは、様々な場所を守る森の監視員です。 女性のHuldraは魅惑的で美しく、背中が覆われているのが特徴です。 場合によっては、若い女性が男性の世界を歩くという形で登場することもあります。 権力の幻想は、個人が自分の尻尾を見た場合にのみ崩れる。

ジョットナー

Jotnarのクリーチャーを定義するのは難しい。 巨人といっても、その大きさは人間と同じです。 彼らは通常、VanirとÆsirの戦争に参加していると考えられています。 また、主に夜や冬、暗闇の中では混沌とした精霊とされています。

Mare

メアの生き物は、寝ている間に人間の上に座って、夜に悪い夢を見せた。 彼らは生きている人間の魂だと信じられていた。 また、動物の姿をした魔女だとも言われていました。

ノルン

北欧神話では、ノルンは人間や神々の生活を司る最も支配的な生き物でした。 また、「何が、どのように、いつ」起こるかを決定する能力も持っていた。 存在していた3つのノルンには、Skuld、Verdandi、Wyrdがありました。

ラタトスクル

ラタトスクルは、世界樹「イグドラシル」の中を縦横無尽に走り回るリスです。 鷲のヴェドルフォルニルと、木の根元に住む蛇のニズホグールの間でメッセージを伝えていました。 この生物には、2人の敵に自分の力を使って木を破壊するように説得する邪悪な動機があると考えられています。