北欧のすべてをあなたに

スカンジナビアは、一見すると、私たちが考える移住に適した地域とは異なります。 世界的なニュースになることもなく、人口も少なく、正直なところ、私たちのほとんどがこの地のことをよく知らないのです。 移住というと、多くの人は自動的にアメリカに向かい、アメリカンドリームを約束します。 そこで疑問に思うのが、本当に北欧に移住すべきなのかということです。

ロフォーテン島、ノルウェー

正直なところ、そうしなければならない理由がわかりません。 スカンジナビアが完璧な福祉国家であることは否定できません。 この地域に住むデンマーク人、フィンランド人、スウェーデン人、ノルウェー人は、この地を生きがいのある場所にするために絶え間ない努力を続けてきた。 世界の他の国々は高い税金と社会主義・民主主義モデルを嫌うが、スカンジナビアの人々は正反対のことをしており、かなりの成功を収めている。

要するに、北欧は生活水準が高い地域だということです。 例えば、ノルウェーは189カ国中、人間開発指数が最も高い国です。 他の国も同じようにしています。 このように考えると、北欧への移住は本当に有利になります。 北欧への移住はどんなものなのか、ぜひ読んでみてください。

北欧の文化はどのようなものですか?

新しい環境にどれだけ適応できるかは、主に文化的条件に左右されます。 文化は、引っ越しを決める前に考慮すべき大きな要素です。 北欧の文化の中で暮らすことが好きになる理由をご紹介します。

協調性を重んじる

北欧の生活のあらゆる場面で見られる核となる文化的価値観は、無条件の協力関係です。 彼らは、たとえ自分が何も得られなくても、集団の努力と貢献を信じています。 北欧では、すべての人の生活を良くするために、自分の役割を果たそうとしなければなりません。 バスの席を譲ったり、困っている人がいたらお金を貸したりと、北欧では日常生活の中に協力体制が組み込まれています。

平等主義であること

また、北欧は一切の差別を許さないという意味でも先進的です。 すべてのスカンジナビア人は完全に自律しており、すべての人生の機会と施設を得る権利を持っています。 選択的な特権は世界の他の地域では悲しい現実かもしれませんが、北欧ではそうではありません。

北欧は実用的

北欧の人々はHDIが高いので、一貫した努力と開発によってそれを維持しようとしています。 この目的のためには、北欧の社会ができるだけ実用的であることが求められます。 医療、社会問題、政治、教育、法と秩序など、日常生活に支障をきたすような寛容さはほとんどありません。

一見、大変そうに見えるかもしれませんが、実はかなり整理されています。 長年の実践とまっすぐな行動が、北欧の人々にどんな状況でも迅速な実用性を採用させました。

They Don’t Bicker

時間を無駄にすることに寛容でないため、北欧の人々は何か問題があっても議論を始めません。 以前にもご紹介しましたが、北欧の人々は非実用的で表層的なものを好みません。 たとえ仲が悪くても、できるだけ静かに自分の気持ちを伝える。 北欧の人々は、議論でエネルギーを浪費するのではなく、相違点をすぐに解決し、最小限の恨みで済まそうとします。

北欧は安全か?

次の大きな問題は、北欧地域に住むのは安全なのかということです。

犯罪行為は、移住先を決定する際に重要なポイントです。 幸いなことに、北欧諸国の人々は地球上で最も安全な人々です。 これらの国を、ニューヨークやロンドン、パリなどの大規模で賑やかな街並みと比較すると、北欧地域は実質的に何の問題もない場所と言えます。 軽い気持ちで言えば、彼らは非常に退屈な刑事クラスを持っていると言えるでしょう。

秩序と秩序の状況

他のことと同様に、スカンジナビアの街では犯罪パトロールが時間厳守で徹底的に行われています。 確かに、強盗や空き巣、殺人、爆弾テロなどはたまにあるかもしれないが、世界の大半の国のような悪夢ではないのだ。

スカンジナビアの法執行機関や情報機関は、警告や助けを求める声への対応に優れています。 また、有罪となった場合、犯罪者に十分な責任を負わせるために、明確で効率的な刑法が整備されています。

人々は社会的責任を果たしている

北欧の人たちは、自分の環境がゴチャゴチャしていることをあまり好みません。 周りの状況に気を配る。 初めての国であれば、聞かなくてもわかってくれます。 何かを隠していると、顔ですぐに読み取られてしまいます。 困ったことがあれば、頼まなくても助けてくれる。

また、北欧の人々は、いたずらに行動しないという意味で、責任感が強い。 自転車やベビーカー、あるいは車を路上に無施錠で置いておいても、誰もそれを奪おうとはしない。 一般的な安全思想があるからこそ、多くの人がこのような日常の些細な犯罪を犯さずに済んでいるのです。

北欧のクオリティ・オブ・ライフとは?

北欧には奇妙な伝統があります。 食べられるものすべてにリコリスを塗っている。 膨大な量のアルコールを摂取する。 冬場は特に不機嫌になります。

しかし、どの国にも奇妙な特典があるものですよね。 それが、他の人とは違う特徴的なものになっているのです。 不条理に聞こえるかもしれませんが、人と人とが簡単につながることができるのです。 では、北欧人が変だというのは本当に正しいのでしょうか? そうかもしれないが、彼らは彼らなりに完璧でもある。 これらの事実を考えてみてください。

世界で最も幸せな国、北欧諸国

国連が発表している「世界幸福度報告書」を見ると、北欧諸国の幸福度が高いことがわかります。 彼らは私たちが思っているような、特別に真面目で、ラフで、タフな獣ではありません。 喧嘩をしたり、お互いを見下したりするようなことは一切ありません。 人間の尊厳には価値があり、何としても守らなければならない。

また、すべての人々の生活に必要なものを提供しています。 富裕層、貧困層、マイノリティ、民族、身体的・精神的障害者など、すべての人が自分の人生の可能性を探る権利を平等に持っています。 これらの価値観のおかげで、北欧の人々は地球上で最も幸せな人々の一人となっています。 彼らは悩みやストレスを抱えていますが、どんな困難にも対処できる方法を知っています。

かなりリラックスしたワークスケジュールである。

北欧人はワーカホリックではない。 彼らの9時から5時までの勤務時間が終わった後、オフィスの荷物を家に持ち込んで夜中の3時までタイピングをすることは期待できません。 その代わり、休日は頻繁に与えられ、平日はあまり仕事をしません。

友達とランチをするのに、いつも金曜日を待つ必要はありません。 土曜日に買い物に行ったり、日曜日に家全体のディープクリーニングをするのを待つ必要はありません。 北欧ではワークライフバランスが浸透しているため、市民は全体的に健康的なライフスタイルを送ることができます。

このバランスは、従業員の高い生産性レベルを維持するためにも不可欠です。 脳がリラックスすればするほど、目の前の作業に集中できるようになります。

北欧の教育機会

元外国人として、自分の居場所がないということはありません。 スカンジナビアの教育システムは、学生がスキルを身につけ、キャリアを築くための素晴らしいチャンスを与えてくれます。 職業訓練、エンジニアリング、医療行為、会計、銀行、法律、建築、デザインなど、北欧地域に住みながら学ぶことのできる膨大な分野があります。

財務支援システム

北欧諸国は、世界で最も税率の高い国のひとつです。 住民税、運輸税、所得税、消費税などが予算の大きな部分を占めています。 経済面では、北欧の人々は、世界の他の地域で支配的な資本主義モデルに比べて、より社会主義的なモデルに従っています。

しかし、支払った税金には報酬があります。北欧の医療は、そのほとんどが公的資金に頼っています。 不労所得も国民の税金で賄われている。 教育やインフラなど、社会福祉に関する分野も同様です。

このシステムに懐疑的な人もいて、ある程度の不公平感があると考えています。 しかし、北欧諸国の生活水準は、世界の大半の国よりもはるかに優れています。 資本主義で世界が回るなら、社会主義を少し取り入れても問題ないのではないか?

北欧は平均余命が長い

また、技術的な進歩の成功例として、北欧では人口管理が進んでいます。 北欧の人々は、平均89歳まで生きます。 それも、完璧な健康と衛生状態で。

高齢者は豊富にいるので、医療費の多くは高齢者福祉に充てられます。 オールド・エイジ・ホームは世界中にあり、入居者は人生の最後の日々を穏やかに過ごすことができます。 北欧に移住するのであれば、定年後の生活を心配する必要はありません。

結論

北欧があなたの平和な社会のイメージに合うなら、移住申請をしたほうがいいかもしれません。 この地域は、高い識字率、経済、社会的価値のおかげで、社会主義民主主義の成功モデルとなっています。 人々は協力的で歓迎してくれますし、政府は公平に対応してくれますし、人生で成功するためのチャンスを十分に得ることができます。

リファレンス

https://www.google.com/amp/s/api.nationalgeographic.com/distribution/public/amp/news/2015/2/150225-scandinavia-finland-norway-sweden-denmark-culture-ngbooktalk

https://www.google.com/amp/s/theculturetrip.com/europe/norway/articles/11-things-only-a-scandinavian-would-do/%3famp=1

https://www.google.com/amp/s/www.forbes.com/sites/davidnikel/2019/11/18/nordic-countries-are-the-worlds-safest-new-report-reveals/amp/