オーデンセ

オーデンセは、デンマークを訪れたら絶対に外せない、デンマークのデ・ラ・クレム(最高級)の都市のひとつと言えるでしょう。 ただ、フューネンというと、すぐにオーデンセ市の名前が出てきます。 だから、好奇心の赴くままに、オーデンセの街を訪れることを優先したい。 フネン諸島の中央に位置するこの街は、デンマークで3番目に大きい。 社会、教育、経済の中心地であるこの街は、デンマーク人だけでなく外国人も多く訪れます。

オーデンセには誰もが楽しめるものがあります。 食べたい、踊りたい、眠りたい、スケートをしたいと思っても、Odenseはいつでも呼び出せる場所です。 オーデンセは、アンデルセンHCが育ったことなど、文化的な過去が広く知られています。 また、成長したブリキの兵士の像が自由に目の前に立ち、童話の安全な世界、H.C.アンデルセンに思いを馳せることができるなど、その場にいても引き離されることはありません。

この偉大な作家はオーデンセで育ったので、街の通りに彼の人気のあるペーパークリップのシンボルが描かれており、街は彼への感謝の気持ちを表しています。 オーデンセはアンデルセンHCで有名です。 彼の足跡をたどって、冒険のデンマークを発見してください。 また、Odenseを子供の街と呼ぶ人が多いのも、この街の特徴です。 劇団「Fyrtøiet」を考えれば、彼らは自由に遊びを表現することができるのだ。

オーデンセの人々とその魅力

ここには約20万人の人がいて、研究に関してははるかに進んでいます。 しかし、だからといってここに来たいとは思わない。もっとエキサイティングなことがあるからだ。

村と都市が混在しているような場所です。 美しい緑地があり、コーティングされた石畳の道があり、Sidnaにあるハーフティンバーの家々が建ち並ぶ狭い通りを通り抜けることができます。 また、レストランやカフェも充実しています。

1600年代のデンマークの村の様子を体験できる野外博物館「Fyn Village」は、とてもエキサイティングです。 より現代的な文化の印象を求めるなら、アートホール・ブランツや写真美術館、デンマークのメディア博物館などに足を運んでみてはいかがでしょうか。 現代アートの分野でも高い評価を得ています。

オーデンセ動物園は、世界中の動物や鳥類を集めたエキサイティングなアトラクションでもあります。 前述したように、ここに来たらアンダーセンHCから離れることはできないし、彼の幼少期の家を訪れるのは賢い選択だ。

H.C.アンデルセンの家では、スケッチやドローイング、本のオリジナル原稿などを見ることができます。 非常に魅力的な人物の人生における刺激的な専門分野です。 “Castle “はそれだけでも見る価値があります。 市街地のほぼ中央に位置しています。 元々はオーデンセを訪れた王族の住居として使われていましたが、最近では政治家が管理しています。

また、中心部から少し離れたところには、デンマークで最も優れた城のひとつであるエゲスコフ城があり、散策やピクニックを楽しむことができます。 庭園は牧歌的で美しく、いくつかの美術館は気持ちを元気にしてくれます。

オーデンセでのショッピング

歩行者天国になっているVintapperstrædeで買い物をするのがお勧めで、それが済んだら、ここにある2つのショッピングセンターのうちの1つ、または両方に行ってみるといいでしょう。 ここはデンマーク最大のショッピングセンター「Rosengårdcentret」でもあり、また、北欧地域最大の屋内バザール「Bazar Fyn」では、約7,000平方メートルの広さにエキゾチックでエキサイティングな商品が並んでいます。

Sortebrodreの泥炭地では、特に水曜と土曜にはここでマーケットが開かれるなど、食べ物にも注目が集まっています。 そして、お肉やチーズなどの美味しいデンマーク雑貨がはじけています。

フェリーでデンマークの他の町に行き、そこから車で移動するのも簡単です。 また、ビランドやコペンハーゲンへのフライトを利用し、そこから車や公共交通機関を使って移動することもできます。 オーデンセの中心部では、徒歩や自転車での移動が可能です。 様々な価格帯のホテルがあります。 事前に時間をかけて、リーズナブルな価格と水準の高さを兼ね備えた宿泊施設を探してみましょう。

Author photo
Publication date:
Author: Ludvig
Ludvig is the owner and driving force behind Scandinavia.life. A native Norwegian with ties to Denmark, Sweden and Finland, he is the perfect guy to guide you through the delights of Scandinavia.