デンマークの飲酒、クラブ、パーティーの文化 

一般に、北欧は政府を信頼する人が多く、幸せな地域だと言われています。 しかし、スカンジナビアが外国人にとっても刺激的な場所であるのは、ガバナンスの問題以上に、陽気な騒ぎ、バーベキュー、パーティー、クラブ活動などが生活を特徴づけるスパイスとなっているからです。 北欧では、飲酒か喫煙のどちらかですが、ほとんどの場合、両方が適用されます。 飲酒や喫煙が不道徳とされる国から来た人はカルチャーショックを受けるかもしれませんが、その時こそ、状況が違うことに気づくのです。 金曜日ともなると、飲み過ぎた人を送迎するタクシーの数が目につく。

デンマークで友達が できたら、それがデンマークのパーティー文化を知るための最も簡単なきっかけになるでしょう。 そんなパーティーや飲み会、クラブでこそ、デンマーク人は実際に心を開いてくれるのです。 ほろ酔いデーンは実はやさしいデーン…誰かに叱られるかもしれないが、公然の秘密である。 

デンマークの大衆文化を振り返って

デンマークは、世界で最も幸福な国のひとつと言われています。 デンマーク人は、伝説的な飲酒文化で世界的に知られています。 でも、パーティーや楽しい時間を過ごすのが嫌いな人なんていませんよね? どんなに忙しくても、いつかは休みを取って楽しみたいと思うものです。 デンマークでは、勉強や仕事の後の活動として、飲酒、クラブ、パーティーのいずれかが最もポピュラーなものです。 

アメリカなど他の国とは違い、デンマークでは16歳であればワインやビールを購入することができます。 さらに、公共の場での飲酒が合法であるため、ここでは飲酒が一般的である。 デンマークには飲酒年齢が定められていませんが、未成年者がアルコールを購入することを防ぐための法律があります。 したがって、デンマーク人が社交の場で若者が飲酒することを社会的に容認しているのは当然のことである。 

アルコールとデンマークの文化の関係 

外国人であろうと、デンマークに住んでいようと、お酒やパーティが苦手な人は、人付き合いに苦労することが多いようです。 というのも、デンマークでは社交の場には必ずお酒がつきものです。 一方、伝統的な社交酒を好む人なら、デンマークの社交場にぴったりとなじむことができるでしょう。

デンマーク人は、お酒を飲んでパーティーをすることに没頭しており、お酒を飲むことが当たり前の特定の機会 ( )さえあります。 例えば、高校を卒業した人たちがパーティーや飲み会に参加する「studentertid 」。 

もうひとつ、お酒とパーティーで有名なイベントといえば ジュレフロコスト やクリスマスランチがあります。 デンマークに友人がいる限り、その場に居合わせることができる。 一日中パーティーを楽しみ、伝統的な料理もたくさんありますが、ビール、グロッグ、スナップをたくさん飲むのが日課となっています。 

その他、J-dag、fredagsbarerなどの社交イベントもあります。 rusuge, サンタコン とカプスィーラズ つまり、基本的にデンマーク人はパーティーとお酒が好きなんです。 デンマークは、若者の社交的な飲酒が嫌われない国です。 

デンマークでの飲み会・別れ際に知っておきたいポイント

デンマークでのパーティーやクラブ、お酒の席では、ちょっとしたカルチャーショックを感じるかもしれません。 特に、飲酒やパーティーに関して多くの法的・社会的制約がある国から来た人は、そうでしょう。 しかし、心配はご無用です。デンマークでの社会生活を円滑にするためのいくつかの重要なポイントを学ぶことができます。 

デンマークのビールスラング 

デンマークのビールスラング ( )を覚えておくと、社会生活でとても役に立ちます。 しかし、クラブやパーティーで最もよく使われる言葉なので、覚えるべきはデンマーク語の「cheers」です。 

デンマークの人々は、お酒を飲んでいるときに「Skål 」と言い、乾杯の意味を込めています。 したがって、社交界で幸運と健康を祝って乾杯するときに、大声で堂々と言っても、あなたのギャングスターとしてのポイントは下がらないでしょう。 乾杯の際には、友人と視線を合わせることを忘れないと、より有意義な時間を過ごすことができます。   

デンマークのお酒の歌を覚えよう 

クラブでは、交流会の時に、海外の曲や地元の曲を演奏することが多いようです。 しかし、デンマーク人は集団で歌うことに本当に熱心だ。 だから、パーティでも地元のバーでも、デンマークの友人たちは酒を飲みながら歌を口ずさんでいることだろう。 そのため、飲み会の歌をいくつか覚えておくと、よりフィットしやすくなります。 良い例で人気があるのは、”Sail up the River “でしょう。 

また、グループでの歌唱はオキシトシンを分泌するという研究 結果( )があるため、パーティーの経験値を高め、気分を向上させることができる。 さらに、新しい友人との絆を深め、より深いつながりを形成することができるようになります。 スナップなどのショットをおぼえる直前に、デンマーク人がスナップの歌に入るのを聞くことができます。 

遊びと仕事のバランスを学ぶ 

朝9時に飲んでも大丈夫と言われている国だから、つい調子に乗ってしまう。 デンマークでは飲む口実を作る必要すらありません。 例えば、デンマークの友人の中には、朝、朝食と一緒にガンメル・ダンスクを飲んでいる人が何人もいます。 大切なのは、仕事・勉強とパーティー・クラブ・お酒のバランスをとることです。 

デンマークの飲酒文化を体験できるかどうかは、スケジュールもさることながら、あなたの態度次第でしょう。  お酒好き、パーティー好き、クラブ好きにはたまらない文化ですが、中には難しいと感じている人もいるかもしれません。  良いニュースは、デンマークではお酒を飲まなくても、良い仲間とみなされることです。 

さらに、友人と外出するときに指定ドライバーを申し出て、それでもたくさん楽しむこともできますね。 大切なのは、普段の生活から離れ、楽しい時間を確保することです。 さらに、デンマークのジュレフロコストの ような社交行事では、歌や社交、ダンスなど他の楽しい活動も行われます。 

また、飲酒はマイナスに働くこともあり、さまざまな問題を引き起こす可能性があるため、慎重に行うことを忘れないでください。デンマークは、飲酒問題を抱える若者が多い国のひとつに挙げられているとの報告があります。 

Awino Fredrickのアバター