ノルウェーへの移住

壮大な海岸線、豊かな歴史、活気に満ちたアウトドアなど、ノルウェーは移住に最適な国です。 特に、成功したキャリアを築こうとしている若い人たちにとっては、とても大切なことです。 そこに移ってみたいと思うのは、あなただけではありません。 ノルウェーに拠点を置くことは、常に人気のある選択肢です。

実際、ノルウェーの全人口の4.3%が移民で占められているという統計もあります。 転居を成功させるにはどうしたらいいのかわからない、という方にはぴったりの場所です。 知っておきたい、ノルウェーへの移住のための究極のガイドを用意しました。

オーレスン、ノルウェー 旗、橋、夏、風景

基本を押さえる。ビザ、ワークパーミット、宿泊施設

実際に北欧諸国に行く前には、労働許可証とビザが必要になります。 これが第一条件です。 これらの書類を確保した後は、引っ越しの際に最も重要な宿泊施設について考えなければなりません。

滞在先を確保する前に、まったく別の地域に移動するのは得策ではありません。 子供を連れて行く場合は、まず学校のことを考えることが重要です。 教育機関の近くに宿泊施設を確保することは、大きなメリットになります。

子供たちは、新しい環境に慣れ、異なる環境で学校に行くことを学ぶのに十分な時間があります。 ですから、入国前に家を確保しておくことが肝心なのです。

旅行の手配

必要なものがすべてそろったら、次は引っ越しの計画を立てましょう。 ノルウェーに行くには、海、陸、空のいずれかの方法があります。

しかし、何か荷物を持っていこうと思うと、一人で運ぶわけにはいきません。 特に、家具や重い機材を移動させたい場合。 だからこそ、ベストなのです。

  • 国際的なリロケーションサービスの手配
  • 保管庫の計画
  • カスタムルールに基づいて、すべての荷物を梱包する

医療制度を利用する

多くの人が北欧諸国への移住を希望する理由の一つに、医療制度があります。 それは、医療水準の低い国から来た外国人にとって、非常に魅力的なものです。 しかし、すべての人がその利点を十分に理解しているわけではありません。

興味深いのは、人口のわずか9%が民間医療を利用していることです。 政府が提供する医療サービスは非常に優れており、民間サービスに投資する必要はありません。

医療費の支払いを検討する場合は、徹底的に調べたほうがいいでしょう。 16歳以下の幼い子どもと10代の若者は、医療費が無料です。 妊婦さんにも同じことが言えます。 これを利用して、自分の力を発揮することができます。

借りるときには必ずセキュリティデポジットを用意しましょう

初めてノルウェーに移住する人の多くは、敷金の費用を知ってショックを受けます。 この国は家賃が高いことでよく知られており、家主は事前に最低でも3ヶ月分の家賃の支払いを要求します。

平均的な家賃は950ドルで、最も高いものはオスロ周辺にあります。 安価な宿泊施設を求めるなら、都市の郊外を中心に探すのがよいでしょう。

ノルウェーでは保証金を預けることがとても重要です。 これは、引越しのチェックリストに加えておくべきことです。 賃借人が壊したり、盗んだり、紛失したりした賃貸マンション内のものを交換・修理するために使用します。 入居する前に支払うことになる。

また、アパートに付属する光熱費についても知っておきたいところです。 宿泊施設によっては、光熱費がかからないところもあります。 ですから、賃貸契約を結ぶ前に、家主に自分のニーズを明確にしておくのが得策です。

良い点は、外国人でもノルウェー人でも住宅を購入できることです。 宿泊施設を所有することを妨げる制限はありません。 これは、ノルウェーへの移住を計画している人にとって非常に有益なことです。

ルームメイトの確保

一人で経費を処理できるとは思わないのか? 同居人を得る。 費用を分割して、しっかりとした宿泊施設をリーズナブルに利用することができます。 これを機に大都会に住むのもいいでしょう。 選ぶのはあなたです。

働き方の計画

ただし、就職活動は最優先事項であることを念頭に置いてください。 安定した収入がなければ、すべての経費を出して家賃を確保することは非常に困難です。

ノルウェーでの就職を考えている方は、就職活動に必要な時間を計画する必要があります。 就労ビザであれば、2~3ヶ月程度の滞在で済みます。 この時期は、収入を確保しなければなりません。 キャリアを求めている人にとっては、移住する前に仕事を得たほうがいいかもしれません。

そうすれば、勤務時間を最大限に活用して、ノルウェーでの時間を有効に使うことができます。 海外の労働者を面接する会社はたくさんあります。 どこにいても応募を送ることができ、自分の居場所を確保することができます。 これは価値のある戦略だと思います。

あなたの言語を向上させる

ノルウェーには、サーミ語とノルウェー語の2つの公用語があります。 ほとんどの人が英語を知っていますが、相手の言語を学ぶのもいいでしょう。 そうすれば、相手の文化や伝統を尊重していることを示すことができます。 長い目で見てここに移住するつもりなら、これは堅実な戦略です。 人との距離が縮まり、自分の展望や仕事の能力が広がります。

計画が重要

ノルウェーへの移住には、多くの計画が必要です。 そこに至るまでに遭遇するであろうあらゆる障害を考えなければなりません。 ここに挙げたすべてのヒントは、あなたが軌道に乗るのに役立ちます。 これらの戦略を試したことはありますか? 彼らはあなたのために働きましたか? あなたのノルウェーでの経験を以下のコメント欄で共有してください。

Ludvigのアバター