フィンランド駐在員のための高収入の仕事

フィンランドは世界の幸福指数で1位を獲得しており、キャリアアップを目指す人々にとって憧れの地となっている。 フィンランドの幸福度ランキングの上位に来る一般的な印象は、例えばヘルシンキやエスポーでは、道行く人がいつも笑顔であるということだ。

もちろん、フィンランド人はある程度までなら、見知らぬ人にも温かな笑顔を見せる。 だからといって、彼らが終始幸せであるとは限らない。 余談はさておき、フィンランドで働く人々は、素晴らしい経験、恵まれた職場環境、キャリアアップ、競争力のある給与など、多くのことを期待している。

理想を言えば、フィンランドは喧嘩の汗や知的創意工夫で生計を立てることに関心のある人々にとって最高の労働環境を提供してくれるが、注意すべき点もいくつかある。 フィンランドでの駐在員として、正しいキャリアを歩み、成長するためには、いくつかのニュアンスの違いを経験する必要がある。

駐在員のためのフィンランド事情

ヨーロッパの北部に位置するフィンランドは、世界でも有数の地理的条件と厳しい気候条件を備えた北の辺境国家である。 フィンランドは息をのむような美しい自然の宝庫です。 6月から7月にかけては、日の出と白夜が見られる。 とはいえ、フィンランドの経済は主に自由企業と私有によって成り立っている。 しかし、経済のいくつかの分野では、政府が主導的な役割を果たすと考えられる独占的地位を行使している。

フィンランド人の大半は、最大の雇用源であるサービス業に従事している。 フィンランドは、新卒者に高給を与えることで有名な経済国として、かなり上位にランクされている。 フィンランドでの生活は、ウェルビーイングとワークライフバランスの最高峰にある。 平均週40時間労働を経験するだけでなく、高い生活水準が約束されている。 フィンランドの美しい風景、緑の森、水辺をクルーズするのに十分な時間がある。

フィンランドの雇用市場の性質

伝統的に、フィンランドの雇用市場は 長い間、製造業に支配されてきた。 しかし現在、フィンランドのテクノロジー産業はフィンランド最大の産業となっている。 フィンランドは、ノキアを筆頭とするヨーロッパの主要技術拠点である。

フィンランド経済は、輸出の半分以上をソフトウェア・サービスとネットワーク機器が占めている。 フィンランドでは現在、テクノロジーとエンジニアリングの分野が市場価値の高い分野となっている。 これが意味するのは、市場性が高ければ、フィンランド人にとっても同様に高給であるということだ。

フィンランドで働くということ

ワーク・ライフ・バランス指数によると、ヘルシンキは2022年にワーク・ライフ・バランスが最も良い都市の第4位にランクされた。 新労働時間法の柔軟性という点では、フィンランドがトップである。 フィンランドでは従業員として、契約労働時間の半分を上限に、働く場所と時間を選ぶ権利が保証されています。 伝統的に、フィンランドの労働者は月曜から金曜まで午前8時から午後5時までの週40時間労働が保証されている。

さらに、フィンランドの労働者には1~2時間の昼休みと最低25日の年次休暇が与えられる。 また、全従業員は年間13日の銀行休暇を楽しむことができる。 同様に、フィンランドで6カ月以上働く場合のみ、従業員が税金を支払うという事実にも驚かされる。

フィンランド労働者の平均給与

海外、特にフィンランドのような羨望を集める国で働く一歩を踏み出そうとする人は、給与水準に本当に興味があるに違いない。 すでに母国を離れるということは、母国社会から離れるということであり、フィンランドでの高給でそれを補う必要がある。 フィンランドが世界一幸せな国にランクされるには、月末の銀行で働く人たちが笑顔でいる必要がある。

フィンランドでは、さまざまなキャリアによって収入が大きく異なる。 基本的に、フィンランドで働くことを楽しむ一方で、特定の職種によって収入が異なることを知っておくことが重要です。 フィンランドの平均的な勤労者は、毎月4,690ユーロ近い収入を得ている。 一般的に、月給は低くて1,190ユーロ、高くて20,900ユーロである。 これはあくまで平均的な最低額と最高額であるが、実際の最高額はもっと高い。

フィンランドで十分な収入を得て快適に暮らす秘訣は、市場性の高い分野から最適なキャリアを選ぶことだ。 現在、フィンランドでは市場性の高い職業が多いため、給与という形で莫大な報酬を得ることができる。 フィンランドで働くことをお考えの方は、以下のフィンランドで最も給与の高い仕事をご覧ください。

1.フィンランドで外科医・医師として働く

フィンランドでは、外科医が高給取りのトップである。 この仕事の重要性を考えれば、最も高給な職業である。 正直なところ、フィンランドの外科医は9420ユーロから26300ユーロの給与を受け取る権利がある。 この職業自体、広範な技術と知識を必要とする極めて高いリスクに覆われている。 このように、高給取りのキャリアの報酬に見合う学習には長い道のりが必要なのだ。

2.フィンランドで裁判官になる

この仕事には大きな責任が伴うため、裁判官の給料は非常に高い。 給与の範囲は7,910ユーロから22,100ユーロで、裁判官はフィンランドで高給取りの部類に入る。 さまざまな人物の運命を決めるのは簡単なことではない。 それゆえ、それ相応の報酬を得る必要がある。 裁判官には、長い学びの道を必要とする広範な知識とともに、高い責任が与えられている。 それゆえ、報酬も食欲をそそる。

3.フィンランドにおける英語教師という職業

簡単な学士号とTEFL資格があれば、フィンランドで英語教師になる資格が得られます。 フィンランドで第二言語として英語を教えることができる。 この職業はあまり人気がないかもしれないが、給料は高い。 求人はヘルシンキ、トゥルク、タンペレの都市部が多い。 また、インターナショナルスクールや私立学校でも英語を教える機会があり、フィンランド語が堪能でなくても教えることができる。

4.フィンランドで弁護士となる

弁護士として、クライアントの目に映るあなたの価値は、莫大な報酬につながる可能性が高い。 成功した弁護士は、死刑判決を免れたり、巨額の報酬を得る手助けをしてくれるだろう。 そのため、弁護士は依頼人の弁護をうまく行うことで、非常に高額な報酬を得ることができる。 外科医や裁判官のように、フィンランドでは法律家という職業は非常に認知度が高く、幅広い知識が要求される。

5.フィンランド最高経営責任者

CEOになれば、組織の完全な成功にも失敗にも責任を負うことになる。 このキャリアは広範囲に影響を及ぼすだけでなく、リスクも高い。 指導者の地位には、高い関連リスクと莫大な収益に関係する広大な影響範囲が伴う。

特定の組織のCEOが失敗すれば、組織全体が沈没する。 そのため、フィンランドのCEOは、各企業の成功のために大きな責任と前進を担っている。 従って、彼らには十分な報酬が支払われなければならない。

6.フィンランドの銀行経営者

フィンランドにおける銀行経営は極めて重要な仕事であり、それゆえに莫大な収益を上げる価値がある。 銀行のマネージャーは、何億もの投資やファンドを任されている。 これには非常に高いリスクが伴うため、銀行経営は非常に複雑な作業となる。 高いリスク、高い責任、そして大きな影響力を伴うこの職業の性質が、多額の収入を保証しているのだ。

7.フィンランドのパイロット

フィンランドでパイロットになるのはエキサイティングなキャリアだ。 実際、このリストで唯一のエキサイティングなキャリアだ。 それにもかかわらず、パイロットは多忙で厳しい訓練プログラムと手順を経る。 パイロットは日々、何百万人もの人々の安全に責任を負っている。

そのうえ、パイロットという職業には、豊富な経験を必要とする高いリスクが伴う。 これによって得られる最高の報酬は、高給と有望な給与レンジを得る権利である。

8.大学教授

大学教授は、フィンランドで高名で高収入の職業のひとつである。 教授になるには、長い学問のキャリアを粘り強く続ける必要がある。 このキャリアは高い知識レベルを必要とするため、高い認知度と高収益を生み出すことに変わりはない。 フィンランドで教授になるのは簡単なことではなく、これが大学教授の収入が高い主な理由のひとつである。

Author photo
Publication date:
An avid storyteller and passionate writer with a penchant for letting people know that which they don't know while at the same time telling people more about what they may already have known. At the end, you stay informed, be curious, and get cosy.