寄留者としてのロマンスと親密さ

誰しもが、世界を旅して探検したいという願望を抱いているはずだ。 人々が無視したり、裏の旗に載せたりしたくなるような一般的な現実のひとつは、寄留者が安定した恋愛関係を築くのに十分な時間を得られないということだ。

仕事、勉強、研究など、どのような理由であれ、恋愛相手と なるべき人との強い結びつきを築くには、十分な時間が取れないという課題がある。

移動に備えたバックパック

心理学によれば、人は本能的に、遠くにいる人よりも身近にいる人に恋愛感情や愛着を抱くものだという。 この現実は、常に移動している寄留者が置かれている状況とは異なる。

寄留者の恋愛

世界中が簡単に移動できるようになり、ますますつながりが強くなっている。 考えてみてほしい。自宅にガールフレンドがいるアフリカの学生がヨーロッパに留学し、アメリカで就職し、中国の現地法人に転勤する。 頼むから、この人はいつになったら至福で安定した関係を経験することに落ち着くんだ?

どのような理由であれ、旅は治療的、情報的、体験的でありうるが、滞在者は官能的な感情を極度に引き伸ばされる。 交際相手も そのような生活に加わることを受け入れない限り(必ずしもそうとは限らないが)、寄留者は世を彷徨う孤独な魂のままである。

滞在者は常にバッグを準備

今日、仕事、勉強、研究、新興企業の設立など、あらゆるところに多くの滞在者がいる。 常に旅をしている人の恋愛の仕方は個人によって異なるかもしれないが、それは非常に多くの精神的負担を伴う。

寄留者たちの愛の生き方

常に旅をしているということは、誰とも長期的な 関係になりたくないということかもしれない。 たいていの場合、滞在者はパートナーと長期的な計画を立てようとはしない。

もうひとつは、寄留者は常に家庭を持つことをためらうということだ。 自分の家族と呼べるものを持ちたいというのは、普通の人間であれば誰もが望むことだが、常に旅をする人間にとってはそう簡単なことではない。 家庭を持つということは、子供を持つということであり、常に子供のそばにいてあげなければならないという要求は、寄留者にとっては相殺したくない重荷かもしれない。

常に旅をしている人は、常に “今”、”現在”、”そこ”、”その時 “を重視する。 明日は不確かなものだから、それを保証することは非常に難しくなる。 たいていの場合、寄留者であるということは、自分の恋愛生活が将来にわたって保証されるものではないことを、心の奥底ですでに決意していることを意味する。

旅人として家族を持つ

ケニー・ロジャースが有名な歌「郡の臆病者」の中で述べているように、誰にでも必ず誰かがいる。 寄留者にとって、移動が可能でありながら、子供を持つ家庭を築くのは本当に大変なことなのだ。

滞在者は基本的に、子供やパートナーと何度も離れるという精神的負担に耐えられるかどうかを判断しなければならない。 しかし繰り返すが、この戦略が成功するかどうかは、相手もそのような取り決めに同意するかどうかに大きく左右される。 女性も男性も、恋人から何度も離れることをすんなり受け入れるとは思えない。

義務や責任からいつでも一緒に旅する準備ができている恋人を得た幸運な滞在者は、通常、無駄のない家庭を維持することができる。 そのような場合、子供を持つことは負担になるため、それほど必要ではないかもしれない。 3人、4人、5人……子ども1人ではもう多すぎる。

滞在者のためのラグジュアリー

部外者が寄留者の生活をうらやむのはよくあることだ。 ベンチャー企業のリーダーとして自らを切り開いた大物経営者がどこかにいるかもしれない。 彼はあちこちの店を視察しなければならない。 外部の人間から見れば、この男女は大らかに生き、人生を楽しんでいる。

典型的な寄留者は、それなりの富を築いている。 旅行者というのは、そんなに気まぐれに決められるものではない。 たいていの場合、故郷と呼ばれる場所から離れることは、より大きな何かによってのみ必要とされるに違いない。 だから、お金はそれほど問題ではないかもしれない。

裏を返せば、家族や人間関係のために肉体的にも精神的にも存在することは、旅行者にとっては贅沢すぎることなのだ。 幸運にも家庭を持つことができた場合、家族の人数も重要だ。 子供2人はもう多すぎる。

寄留者の生活を羨ましく思うかもしれないが、そのために彼らが払わなければならない精神的犠牲を考えるのもまた然りである。 これらの人々は、配偶者や家族と一緒に落ち着いた生活を送るという温かみを何らかの形で否定しながらも、人生が提供するものをより多く得るために、快適なゾーンから大きく外れる人々である。

Author photo
Publication date:
An avid storyteller and passionate writer with a penchant for letting people know that which they don't know while at the same time telling people more about what they may already have known. At the end, you stay informed, be curious, and get cosy.