Expat Oslo

オスロ – 海外在住者のためのクイックガイド

ノルウェーの首都であるオスロの街は、西暦1000年にまで遡る豊かな歴史を持っています。 この街は、ヴァイキングの船に停泊地を提供したり、1349年のブブナペストで人口が壊滅したりと、ノルウェーの歴史の中でいくつかの悲劇的な出来事を経験してきました。

オスロの気になる歴史は、その空間、フィヨルド、そして恍惚とした都市住民を飾るユニークな建築デザインによって誤魔化されているかもしれません。 オスロは、自然地域の保全や排出量の削減に行政が熱心に取り組んだ結果、「European Green Capital 2019」に選ばれました。

オスロの位置、天気、アトラクション

オスロ市は、座標にある。59° 56’N 10° 45’E の範囲内にあります。 オスロフィヨルドの最北端に位置する。 この街のユニークさの一因は、地形にあります。 40の島々がアクセントになっています。 343の湖。 ユニークな自然の特徴とその他の人間が作った構造物により は、住むにも訪れるにも価値のある街だと思います。 街はヘミボレを体験 大陸性気候で、しばしば非常に厳しい気温になります。

オスロにいると、常に旅行者の気分を味わうことができます。 いつも新しいアトラクションを あなたの目で見てください。 オスロ・オペラハウス、バーコード・プロジェクト、パレエ・ショッピング センターなど、多くの建造物がオスロを魅力的にしています。 過去30年以内 年、オスロは 美しさ、生活の質、そして持続可能性に変革をもたらしました。

オスロの住宅

首都であるオスロでは、宿泊施設の確保やアパート間の移動が容易であるかどうかについて、当然のことながら懸念があるはずです。 オスロの学生は、6000NOKという低価格でアパートを借りることができます。 うまく探せば、自分の予算に合った学生寮を見つけることができるでしょう。

費用がかかります。 ハウジングは、スペース、利用可能な設備、および場所によって異なります。 の都市である。 あなたはいつでも借家の詳細情報を記入して、ハウジングに送ることができます。 オスロの会社です。 オスロに家族がいる人は、家族用のアパートを は、1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルーム、4ベッドルームと様々なタイプがあります。 あなたが必要とするスペースは しかし、自分の能力を常に意識する必要があります。 家賃やその他の生活費を定期的に支払うことができる。 そうしないと、負担になってしまうからです。

オスロの教育

ノルウェーの首都であるオルソには、優れた教育機関があります。 システム、泡立つようなリテラシーを持ったコミュニティ、そして優れた学術機関のための 未就学児、プライマリー 小学生、高校生、そして高等教育。 オルソには、社会科学から様々なコースを提供する様々な大学 やカレッジがあります。 テクノロジー、エンジニアリング、神学の分野で

働いている人は、保育園に預けることが大切です。 幼稚園に通えない乳幼児がいる場合には デイケアは非常に重要なものであることを忘れてはいけません。 ノルウェーの教育システムの中で重要な役割を果たしているのは、幼児に 初歩的な開発サポートで したがって、自治体は以下のことを保証します。 このような保育のもとでは、お子さんは最高のケアを受けることができます。

オスロでの活動

駐在員として、自分を上手にアピールし、資格をパッケージ化して、ノルウェーの多くの業界にアプローチするのが良いでしょう。 ノルウェーでは、オンラインの求人情報サイトを利用することもできますが、会社の経営陣のもとを訪れ、自分の能力を表現することで、他の人に差をつけることができます。

オンラインで仕事に応募する場合は、必然的に履歴書を特定の仕事に合わせて作成しなければなりません。 首都であるため、様々な雇用主がいて、もちろん最高のスキルを持った人を雇いたいと考えています。

だからこそ、自分が目立つようにしなければなりません。 海事産業、研究開発産業はオスロで最も進んでいるので、この競争力のあるエコシステムの中で自分がどこに当てはまるかを常にチェックすることができます。 しかし、それ以外にも郵便物の配布や清掃、食器洗いなどの低スキルの仕事もあります。

オスロでお得に買えるもの

オスロでの建築は少々高いかもしれませんが、その分 は、少ない予算で都会に住むことができます。 必要なものが安く手に入る場所を知っていればいいのです。 すぐに食べられるもの や生の食材を手に入れるために、手頃な価格のスーパーに足を運ぶことができる。 Rema 1000やGrønlandtorg Frukt & Grøntなど。

Author photo
Publication date:
Author: Ludvig
Ludvig is the owner and driving force behind Scandinavia.life. A native Norwegian with ties to Denmark, Sweden and Finland, he is the perfect guy to guide you through the delights of Scandinavia.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です