デンマークで外食と家庭料理、どっちを選ぶ?

デンマークに住んだりデンマークを訪れたりする場合、どこで食事をするかは月々の予算に大きく影響する。 デンマークに住んでいる人なら、家で食べるか外食で済ませるか、時間やコストに応じて使い分けたいものだ。

最初から、純粋に家庭やレストランでの食事に限定することはできないという事実を理解するのが適切だろう。 当然のことながら、デンマークを横断したり、国内の新しい目的地を訪れたりする場合、カフェテリア、レストラン、ホテル、商店など、どこでも食べられるものを買うのが最も自然なことだ。 一方、仕事中は鍋や弁当箱に食べ物を入れて持ち運び、特に昼食時に食べることが可能だ。

週末や夜には、自宅で好きな食事を作り、自分の好きなように楽しむことができる。 しかし、デンマークのオフィススペースや産業で働く人々でさえ、Just Eat Denmark、Hungry、Wolt、Uber Eatsなど、国内の多くのデリバリーサービスから手軽に調理した料理を注文できるようになった。

実を言うと、生の食材を買って家で自炊すれば、デンマークでは本当に節約になる。 しかし、この選択は、家族の人数が十分で、食べ物が無駄にならない場合に最も効果的である。 しかし現実には、家庭での料理とデンマークでの外食をミックスすることは良いことだが、一度にかかるコストには細心の注意を払わなければならない。

デンマークでの食事の選択

家庭で調理され提供される食事は、時間もお金も節約できる。 しかし、デーンがもっと興奮するのは、家庭で愛情たっぷりに作られた料理を食べることだろう。 デンマークでは、家族や友人と一緒に食事をすることが大切にされ、尊重されている。 レストランのように知らない人同士で食事をするのは、少し気まずく奇妙に聞こえるだろう。

デンマーク人はレストランの食事にお金を使うのではなく、ファッションにお金を使う生活をしている。 デンマーク人は、家族や友人、大切な人たちと一緒に、居心地の良い集まりでおいしい食事を楽しむ。 デンマークで過ごす典型的な1日は、3つの異なるデンマークの家庭を中心に完璧になる。 それぞれの家族は世代を表している。 祖父母、両親、子供たち。

デンマークには日々の食習慣を取り巻く一定の規範や儀式が存在するため、デンマーク人は家庭での食事が大好きなのだ。 デンマークはレストラン文化の本場ではない。 デンマーク人は家で食事をする。 これは、デンマークでは座敷の食事が非常に高いという事実とも関係しているかもしれない。 ひょっとして、レストランで食事をしているデーン人の家族を見かけたら、彼らは誕生日パーティーのためにそこにいるのかもしれない。

デンマークの食の選択に基づく3つの世代

デンマーク人が家庭で食べるものや伝統はさまざまだ。 まあ、それでも料理に多くの時間を費やすことを楽しめない人もいれば、料理が大好きな人もいる。 デンマークの家庭では、料理は一緒にする家庭もあれば、一人ですることを好む家庭もある。

とはいえ、食事が社交の場であるという点では、いくつかの共通点がある。 それはまた、すべてのデンマーク人の日常生活における社会構造の一面でもある。 特に食習慣については、さまざまな世代が食べている食べ物の種類から、多くの共通点が見て取れる。

次世代に受け継がれる習慣もある。 ほとんどの人は、両親か祖父母から料理の技術や能力を学んできた。 そのため、あなたの食事も、あなたの両親の食事も、祖父母の食事も、同じものである可能性が非常に高い。 しかし、祖父母の方が経験豊富だ。

デンマーク人にとって家庭で食べることの本質とは?

デンマーク人は、一緒に食事をすればその人のことがよくわかると信じている。 デーン人は躊躇することなく、友人と一緒に夕食に招待する。 彼らは家で食事を作ることに誇りを持ち、大切な人たちと一緒に食事を楽しむ。

時間を守るのが得意なデーンは、来客を迎えるために家を準備することを楽しむ。 もちろん、好きなデンマーク料理を作ることも含まれる。 料理の役割を女性に割り当てる文化もある。 男女平等と役割分担がデンマークの中心的課題である。 デンマークの男たちは、家族のためにとてもおいしい夕食を作るのが大好きだ。

基本的に家族思いの男は、家族全員が幸せで快適であることを保証する。 仕事で疲れて忙しい一日を終えて家に帰ると、家で温かく迎えてくれて、家族で夕食をとりながらおしゃべりをする価値がある。

しかし、家で食事ができるのに、レストランで高い食事を買うことに何の意味があるのだろう。 デンマークのレストランの食事は非常に高い。 家で簡単な食事を作れば、実はかなりの節約になる。 実のところ、デーン人は仕事中に食べる朝食や弁当を持ち運ぶことさえある。

デンマークの家庭の典型的なダイニング・セッティング

ダイニング・セッティングは家の外でも中でも構わない。 大切なのは、常に家族全員が家にいて、毎回の食事を楽しむことだ。 屋外では、ディナーセットから裏口の庭を見下ろすことができる。 とてもスタイリッシュでエレガント。 デーン人にとって特別な日であることを知ってもらうためだ。

デンマークの家庭では、ワインとバラを食卓の中央に置かないディナーは、完全なディナーセットとは言えない。 デンマークのローカルレストランでのカジュアルなディナーに似ている。 デーン人の家庭での夕食は、その家族的な触れ合いから愛情をもって受け入れられる。 このような舞台を見逃す人は絶対にいない。

デンマークの家庭の食と料理と日常生活

家族の食事を準備するとき、デンマーク人は家事を分担する。 誰かが料理をしている間に、もう一人がテーブルセッティングをし、夕食のために二人が外出することはめったにない。 デンマーク人は朝食も外食しない。 デーン人にとって、食事を一から作るのは文化というか、日課なのだと思う。 つまり、彼らは決してファーストフードを楽しんで食べているわけではない。

食卓では、一日おきに全員が同じ椅子に座り、家族が集う。 夕食の席は家族全員が予約している。 食卓の中央に花束やバラを置くのは当たり前のようだ。 さらに、テーブルの中央には燭台が置かれている。

毎晩、デンマーク人たちはゆっくりと食事とおしゃべりを楽しみながら食事をする。 そうすることで、家族の絆が深まり、誰か、特にゲストのことをより深く知ることができる。 しかし、夕食を終えると、二人はテーブルを片付けるのを手伝い合う。

夕食が終わると、家族はリビングルームに移動してテレビを見ながら、楽しくお互いの時間を過ごした。 その後、真夜中のスナックを少量食べる。 寝る前に煮込んだ果物、あるいはイチゴやスグリを食べるのもいいだろう。

家族の集いとしての食

デンマークで家族が集まって食事をするシナリオは、彼らの祖父母の世代によく見られるものだ。 祖父母は料理をする時間がたっぷりあり、家族を夕食に招くのが大好きだ。 しかし、家族の誰が夕食を作るか、またどんな料理を作るかによって異なる。

家族が食事をするとき、全員が話し終えるまで座っていると、会話も弾み、交流も深まる。 もしあなたが、家で家族と一緒に夕食を食べるのが好きではなく、ファーストフードを楽しむタイプなら。 デーン人と友達になるのは問題があるに違いないからだ。

デンマークの人々の食に関する変化

ほとんどのデンマーク人はファッションに大金を費やすことで繁栄した。 それは変化しつつあり、少なくともデンマーク人は可処分所得の多くを食品に費やすことに前向きだ。 特に、デンマークの人々は外食に門戸を開いている。 また、デンマーク人でなくても、食べ物に対する考え方も変わってきている。

好条件のレストランが増え、外食はより身近なものになっている。 デンマークにおけるチェーンレストランの存在は、このような変化に過剰に寄与している。

Author photo
Publication date:
An avid storyteller and passionate writer with a penchant for letting people know that which they don't know while at the same time telling people more about what they may already have known. At the end, you stay informed, be curious, and get cosy.