デンマークでの自由時間

デンマークの学生のフリータイム

デンマークでは、奨学金の有無にかかわらず、学生であるということは、生活の大部分が切り詰められていることを意味します。ほとんどの場合、講義室以外の余った時間は、学業を終えた後の次の段階の人生を決定する重要な選択をする期間となります。 また、クラブやレストラン、職場など、さまざまな場面でデンマーク人と交流することになります。

友達とのんびりしたり、パーティーをしたり

事実、デンマークの学生たちは、休日にはパーティーをしたり、お酒を飲んだり、クラブに通ったりするのが好きです。 ほとんどのヨーロッパ人学生や一部の留学生にとって、自由時間はリラックスしたり、友人と楽しい時間を過ごしたりするためのものです。 しかし、経済的に余裕のない私のような留学生にとっては、自由な時間を無駄にすることはできませんでした。

講義のない時間にお金を稼ぐ

贅沢をするお金がなかったので、自由な時間はお金を稼ぐチャンスでした。 技術的な知識を持った学生は、デンマーク国内のテックハブと連携して、空き時間にギグをすることができます。

自由時間を有意義に過ごすために、学生がテクノスペースを利用する。

デンマークでの学生時代の仕事

学生アルバイトは、生活費を稼ぎたい留学生が取るべき手段です。 デンマークの労働市場を視野に入れ、少しでも資金が必要な場合は、学生バイトをすることが必須となります。 仕事の内容は様々ですが、ほとんどがカジュアルなものです。

デンマークでのアルバイトは、最初は留学生が驚くような内容です。 私は修士課程の学生としてより良い仕事に就くことを期待していましたが、それは叶いませんでした。 何人かの友人に相談したところ、ホワイトカラーの仕事だけにこだわるのは避けなければならないと思いました。 私は学生時代に清掃員の仕事をしていました。 修士課程の学生がクリーナーになることを選択したことに驚きを隠せません。

オフィスや産業の清掃は、典型的な学生の仕事です デンマークの仕事

ジョブの差別がない

誤解を恐れずに言えば、デンマークではクリーニングは他の仕事と同様に高く評価されています。 時給は、儲かると思われている他の仕事よりも良いくらいです。 デンマークでの清掃、皿洗い、レストランアテンダントの仕事で有利なのは、必ずしもデンマーク語を知らなくてもよいことです。 また、仕事は非常にフレキシブルで、早朝や勉強後の夕方に行われます。 つまり、自分の時間に合わせやすく、なおかつ勉強を怠らないことができました。

デンマークの学生のための交通手段

大学への通学やアルバイト先への通学など、長距離の移動には公共交通機関を利用する必要があります。 私の場合は、姉の家が大学まで電車で2時間近くかかる場所にあったので、公共交通機関に頼るしかありませんでした。 つまり、毎朝、授業があるときは、早起きして、すぐに準備をして、電車の時刻表を見て慌てていました。

実際には、前日の夜に電車の時刻表を確認して、乗り遅れないようにする必要がありました。 デンマークをはじめとする北欧の公共交通機関の面白いところは、時間が決まっていて予測可能であることです。 つまり、自分の時間を有効に使って予算を組むことができたのです。 このモビリティーシステムがあれば、バスや電車が駅やバス停に来る時間や、目的地に到着する時間が正確にわかるようになりました。

デンマークの鉄道輸送

補助付きトラベルカード(undgdomskort

学生だった私は、ungdomskortと呼ばれる補助金付きのユースカードの資格を持っていました。 この補助券は、教育機関に登録されている方であればどなたでもご利用いただけます。 デンマーク政府が、誰もが学びやすい環境を整えるために介入しているのだと思いました。

ウングダムスコートのメリット

Ungdomskortでは、私の居住地から大学までのルートと、その他のいくつかの地域を定期購読することができました。 学生の場合は、通常のチケット料金の4分の1で済みます。 カードアプリがあれば、電車の改札やバスの運転手さんが通学のために乗ってくれるようになりました。 とはいえ、学校から離れて生活するのは、特にデンマークでは初めてのことなので、慌ただしいです。 そのプレッシャーに耐えられない。 早朝4時に起床し、全行程を移動し、授業を受けて出発しました。

学生時代に公共交通機関を利用する際の注意点

公共交通機関のシームレスさと適時性は、外国人学生を欺くものではありません。 大学から遠く離れた場所に居住するのは良いことではありません。 電車の予定を少しでも変更すると、一日のスケジュールに影響が出てしまいます。

学生時代の通学の難しさ

学生として毎日通うことは、良い面もありますが、悪い面もあります。 良い面では、移動してデンマークを見ることができました。 ただ、上下に動くのは負担が大きすぎました。 同僚の学生と交流する時間も削られてしまいました。 授業が終わるとすぐに次の電車に駆け込み、人付き合いをする余裕すらありませんでした。