ヨーテボリ-海辺の街

イェテボリ

スウェーデン第2の都市であり、リセベリやゲータ運河があることでも知られるこの街は、ショッピングやお洒落なバー、さらにはボルボ専門の博物館まであるオアシスだ。

この町はギョータ海岸河口の両側に位置し、そのルーツは1600年代に遡る。 一人でもグループでも、短期滞在にも長期滞在にも最適だ。 美味しいものを食べたり、財布を空っぽにしてデザイナーの服を買ったり、素晴らしい環境の中を散歩したり。

頭のてっぺんからつま先までドレスアップし、トレンディで生真面目になるチャンスは十分にある。 それが済んだら、何か食べるものを探すべきだ。 町での食事の可能性は大きい。 もうひとつの食と視覚の体験は、ヨーテボリの屋内食品市場、サルハレン(Saluhallen)だ。 ここには、ジューシーなチーズや肉製品、その他もろもろが溢れている。

また、ストックホルムほど高貴ではないが、ナイトライフも充実しており、北欧屈指の遊園地リセベリもある。

ヨーテボリ群島

冬でも夏でも楽しめることが満載だ。 群島は、ここに来たらぜひ手にしてほしい観光名所のひとつだ。 どの季節でも美しいが、夏の群島には特別なものがあるのはご存知の通りだ。

海岸の風景は息をのむほど美しく、島や小島、岩は数え切れないほどの形や種類がある。 ヨーロッパ中の人々に人気のある海岸エリアであり、認知度も高く、よく利用されている。 ボートをお持ちでない方は、数ある遊覧船の中から1隻を選ぶとよいだろう。

1600年代から続く水路は縦横に伸びており、街の観光を特別なものにしてくれる。 ピクニックやスポーツを楽しめる公園があちこちにある。 川沿いの大通りには、カフェやショップがたくさんある。

ヨーテボリ美術館

ボルボ・ミュージアムはすでに触れたが、もうひとつ、ヨーテボリ美術館もぜひ体験してほしい。 世界有数の北欧美術の美術館として知られ、芸術的ビジョンに魅了されるには絶好の場所である。 旧市街も見逃せない。 建物はよく保存されており、様々な種類の良い店がたくさんある。

バス、電車、空港 比較的安価な航空券が手に入る機会も多い。 市内では自転車と徒歩が良い選択だ。 提供されるホテル、アパートメント、キャンプ場は料金が異なるので、可能性はたくさんある。

[wpgmza id=”12″]

Author photo
Publication date:
Author: Ludvig
Ludvig is the owner and driving force behind Scandinavia.life. A native Norwegian with ties to Denmark, Sweden and Finland, he is the perfect guy to guide you through the delights of Scandinavia.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です