奨学金なしでの海外留学

This post is also available in: 英語 ノルウェー・ブークモール デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 エストニア語 ラトビア語 リトアニア語 ヒンディー語 アラビア語 簡体中国語 フランス語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 ハンガリー語 タイ語 ウクライナ語 ベトナム語

毎年、毎月、いや毎日、野心に満ちた学生たちが、生まれた国の国境を越えて教育を受けています。

船内留学を希望する学生は、夢のある大学で最高の教育を受けたいという純粋な気持ちに突き動かされています。 彼らの希望は、素晴らしいキャリアパスを約束してくれる学部への入学だったのです。

ほとんどの場合、海外の大学に進学する学生は、現在利用できる様々な奨学金の恩恵を受けています。

海外の学生に授与される奨学金は、個々の大学、学部、副学長、企業、またはそれぞれの政府のいずれかによって授与される場合があります。 留学申請時に避けるべきミスについては、こちらの詳細をご確認ください。

奨学金を得た幸運な学生の話をしてもあまり興味をそそられないかもしれませんが、彼らにとっては海外での生活は十分に魅力的なものなのです。 奨学金を受けた学生は、金銭的な心配をすることなく、研究や知識の交換に多くの時間を費やすことができます。

一方で、奨学金を得られなくても、生活の糧を得るために海外に飛び出す学生は特別な存在です。 経済的なニーズを満たしつつ、学業の厳しさとのバランスを取るという、バスケットのような苦労があります。

海外の大学に奨学金なしで入学する場合

海外の大学では、入試と奨学金の手続きを別々に、あるいは同時に行っていることが多い。 つまり、特定の修士課程や博士課程の資格を得て入学できても、幸運にも奨学金を得られない場合があるのです。

入学を許可した各大学は、その旨をあなたに通知します。 このオファーには、このプログラムへの入学は認められたが、授業料の支払いが必要であること、または就学期間中に自活する能力があることを示すレターが添付されています。

このような入学許可を得ても、奨学金の支給を受けられない学生は、留学への意欲を失ってしまうケースがほとんどです。 そして、勇気があり、献身的で冒険好きな人たちは、最初の学期の学費と維持費を少しずつ要求します。 そして、航空券を買って出発する。

奨学金を持たずに留学することは良いことなのでしょうか?

教育システム、特に高等教育への復帰を特に推し進めることなく決める人はいない。 人によっては、キャリアの階段を上ったり、現在の需要に合った新しい知識やスキルセットを手に入れたり、そんなことをしたいと思うかもしれません。

つまり、学士号、修士号、博士号への出願を決めた時点で、すでにその理由があるのです。 もし、追加の学位を取得したいというモチベーションが十分に高く、確実な学費がなくても海外での生活を試してみたいという気持ちがあれば、それは価値のある実験だと思います。

仕事と勉強

欧米の名門大学で教育を受けたいと考えている貧しい国の学生が、学費を調達するために利用できる方法はいろいろあります。

現在、海外のほとんどの大学や政府は、移民の学生が勉強しながら働けるだけのスキルや知識、能力を持っていることを理解しています。 ジョビング」と呼ばれていますが、奨学金を受けられない学生や、奨学金を受けていても小銭が必要な学生の支援に大きく貢献しています。

奨学金なしで留学するために海外に移住する人にとって重要なことは、まず、本当に現地で何かを得ることができそうか、給料がどれくらい上がりそうかを見極めることです。 意欲的になりすぎて、海外での生活があまりにも耐えられないことに気付いてがっかりすることもあります。

奨学金のない海外留学への挑戦

留学経験者で奨学金を受けていない人に聞いてみましょう。 彼らの話は口をそろえて言う。 実際、奨学金のない学生というのは、友人や親、親戚からのお金を期待していない学生ということになります。 彼らは文字通り、大きな夢を持って一人で行動しています。

このような学生は、回復力があり、前向きで、不必要なライフスタイルを楽しむための自由な時間を持つことができません。 しかし、学生の場合は、勉強するか、お金を探すかのどちらかに集中しなければならず、文字通り忙しくなります。 同僚の学生と交流したり、余暇を過ごしたりする時間がなくなってしまうのです。

収入を得るために、学生として働く

海外の大学で授業料を払わなければならない学生にとっては、毎度毎度が忙しい時期です。 一つは、留学生の学費が常に高いこと。 つまり、現地の学生が支払う金額は、留学生にとっては2倍にも3倍にもなるということです。 これはクレイジーなことですが、これが現実のチェックです。

海外、特にヨーロッパのほとんどの大学では、現地の人やEU、EEA、スイスなどの特定地域の人は教育費が無料です。 つまり、いつでも他の生徒が授業料を払っていないクラスに入ってしまう可能性があるということです。 仲間の誰もあなたの状況を全く理解してくれません。

また、デンマークのような国に留学するEUやEEAの学生は、授業料が無料であることに加えて、一定の条件を満たすことで政府からの補助金を受けることができます。 デンマーク人にとっては、SUを獲得することが保証されている。

想像してみてください。あなたが生活費や学費を捻出するのに必死になっているときに、同僚が学費を払わずに毎月947,18ドルを超える助成金を得ていることを。 2つの異なる世界に身を置くことになりますが、コースの要件を満たすことが期待されています。

奨学金なしで留学することを考えるべきでしょうか?

奨学金なしの留学はダメだ」と一刀両断するのは良くないかもしれませんが、それを健全なものとするのも考えものです。 学生時代に海外に移住したいと考えている人にとって、参考になる点がいくつかあります。

学費やエトセトラの維持費を海外での仕事に頼っていると、いくつかのことが起こります。 1つは、勉強する時間が大きく制約されることで、特にグループワークやリサーチが重要になります。 2つ目は、仲間とのネットワーク作りや交流の機会が得られないことです。 3つ目は、学業の一環としてインターンシップを受けることを考えると、ハードルが高いことです。 学費を払わない学生にも助成金が出る国では、インターンシップのほとんどが無給です。

授業料を払っている一般的な留学生の1日は、盛りだくさんでイベントが目白押しです。 彼らは、講義への出席、アルバイト、図書館での読書、研究室での研究、そして友人とのおしゃべりの時間をこなさなければなりません。 それは人としてやりすぎではないか? そうですね。

奨学金なしでの留学を目指す

ここで紹介したことがすべての人に当てはまるとは限りませんが、少なくとも、奨学金なしで留学を考えている外国人学生の肩の荷を下ろすのには役立つでしょう。

少なくとも、留学期間中にあなたを受け入れてくれる家族や個人とのつながりを作っておくとよいでしょう。 あなたを歓迎してくれる家族がいるかもしれません。 これにより、家賃や維持費の心配がなくなりました。 授業料の値上げに専念すればよいのです。

大学から離れた場所に住んでいる場合は、自転車やスクーターを用意したり、同僚の学生と友達になって家まで送り迎えしてもらったりしましょう。 バス代の節約にもなります。 スマート? そう、とてもスマートで思慮深い。

大学に入ったら、授業に積極的に参加して、教授を感心させ、授業料を払っていることを伝えられるようにしましょう。 全ての試験に合格して、講義中にチャレンジできるようにしっかり準備してください。 彼らは、あなたがお金を払わずに勉強 できるように学部内で合意しているだけかもしれません。

最初の段階で奨学金を得られなかったとしても、資金調達のために発表をチェックし続けます。 すでに入学された方にも、いくつかの新しいお知らせが続々と届いています。

説得力のある奨学金申請書を作成し、成績優秀者の成績表を添付し、教員の推薦があれば