スウェーデンの医療制度

This post is also available in: 英語 ノルウェー・ブークモール デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 エストニア語 ラトビア語 リトアニア語 ヒンディー語 アラビア語 簡体中国語 フランス語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 スペイン語 ハンガリー語 タイ語 ウクライナ語 ベトナム語

近いうちにスウェーデンに行くのであれば、スウェーデンの医療について知っておくべきことがあります。 この国の医療施設とリソースは、主に持続可能性と誰もが平等に利用できるというコンセプトに基づいています。

この国の医療制度は傑出しており、実行可能で手頃な価格の政策のため、通常は良い順位になっています。 ここでは、スウェーデンの医療制度の重要な側面を簡単にご紹介します。

分散型システム

スウェーデンの医療は、行政の中でも分散型の領域です。 つまり、地方や地域の協議会によって運営されているのです。 人口動態や疫学に基づいて、各エリアや地区に資源を配分します。

スウェーデンの医療部門は290のコミューンと21のランスティングに分かれています。 その代表者は、4年ごとにそれぞれの地域に住む住民によって選出されます。 スウェーデン政府は、各地域の保健委員会が従うべき健康ガイドラインやポリシーを定めています。

医療システムが分散していることで、オペレーションの実行やシステムの漏れや不具合の分析が容易になります。 代表者を選出することで、地元の人々は医療の効率化と改善に積極的な役割を果たしています。

税金で賄う

北欧諸国は多額の税金を徴収していることで知られており、しばしば批判されています。 地方分権の一環として、スウェーデンの市民や納税者は、地方分権型の税制を採用しています。 スウェーデンの医療も、膨大な税金が投入されています。 スウェーデンの医療技術評価委員会は、財政管理とシステムの効率化を担当しています。

スウェーデンでは累進課税制度を採用しているため、富裕層の税金が医療制度の財源となっています。 同時に、労働者階級は高い税金に悩まされることなく、生活水準の向上に努めることができます。 これにより、両方の社会階層の役割のバランスが取れています。

スウェーデンの総GDPに占める医療費の割合は毎年11%です。 また、納税のプロセスは、カウンシルによって管理・監督されています。 全体として、国の医療費総額の90%は税金で賄われています。 私立病院や開業医の医療サービスは、全体の約10〜12%に過ぎません。

患者料金

スウェーデンでは

  • 医療は普遍的で、すべての人がアクセスできるものです。
  • 平均的な入院期間は最大で100クローネ/日。
  • 23歳まで歯科医療費の補助を受けることができます。
  • 専門家の訪問は、SEK400以上ではありません。
  • 公的医療保険の完全適用
  • 相談料は1,100クローネ/年を超えることはありません。 その場合、相談は無料です。
  • 処方箋料の上限はSEK 2,250/年。

高齢者向け

スウェーデンは長年にわたり、高齢者のための保健医療サービスへのアクセスを確保する努力を続けてきました。 現在、スウェーデンの平均寿命は約82歳です。 スウェーデンでは、5人に1人近くが65歳以上で、80歳以上の人は全人口の5.2%を占めています。

高齢者のケアは、国民の平均寿命の延長に十分貢献しています。 スウェーデンの高齢者介護は、年間GDPの約3.6%を占めています。 医療の質の高さの結果、スウェーデンは一人当たりの高齢者労働者の数も最も多い。 これは、スウェーデンの経済を大きく押し上げ、すべての人の生活機会を向上させるための資源を提供するものです。

医療の質

スウェーデンの医療システムでは、患者の安全と健康が絶対的な優先事項です。 入院が避けられないケースの患者さんの多くは、公的医療機関のスタッフが自宅で対応しています。

スウェーデン国民の多くは、平均して、公共医療サービスの愛想の良さとサポート力を高く評価しています。 薬、機械、衛生対策、ドクターサービスなど、医療の質の高さにも目を見張るものがあります。

90日のスペシャリストの出番

スウェーデンの医療システムでは、事前に計画された治療やケアを必要とするすべての患者に、直ちに対応できるようになっています。 助けを求めている患者さんには、その日のうちに地域の保健所が割り当てられます。 そして、1週間以内に医師の予約を、90日以内に専門家の予約を取ることができるのです。 審査や運用も、最大で3ヶ月以内に行います。

医療機関がこのプロトコルに従わない場合、患者は他の場所に移されます。 医療基金は、患者の医療費、旅費、滞在費のすべてを負担します。