さよならスカンジナビア

This post is also available in: 英語 ノルウェー・ブークモール デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 エストニア語 ラトビア語 リトアニア語 ヒンディー語 アラビア語 簡体中国語 フランス語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 スペイン語 ハンガリー語 タイ語 ウクライナ語 ベトナム語

“Goodbye Scandinavia “は、海外在住者が最後に言いたいことかもしれません。 数ヶ月から数年に渡って北欧に住んでいると、そのシステムがすぐに浸透してきます。 去るときの精神的負担はほとんどないということです。

スカンジナビアに溶け込むための長いプロセスの一環として、人々はホスト国の言語、文化、食べ物などを学ぶことになります。 そうすると、自動的に生まれた国から遠く離れた場所にいるような暖かさを感じるようになります。 つまり、北欧を離れるということは、単に荷物をまとめ、システムからサインオフし、他の人に別れを告げるだけのことではないのです。

とはいえ、北欧を出て新たな目的地や自国に向かう時が来たら、駐在員としてはそれに応えなければなりません。 退職を決意する理由としては、他の国で新しい仕事に就くため、ツアーを達成したため、あるいは単に故郷に戻りたいと思ったためなどが挙げられます。

北欧を離れるときの注意点

デンマーク、スウェーデン、ノルウェーの北欧諸国の特徴は、厳格で組織化された物事の進め方です。 各国の組織のレベルは、可能な限り最高レベルの効率を達成することに重点を置いています。 社会システムや日常の活動、外国人の受け入れなどに見られるように、すべてにおいてトップであることは北欧のDNAの一部です。 これはあくまでも、出発するときは計画的に行うべきだということです。

現在、北欧に住んだことのある人でも、万が一、北欧を離れなければならなくなったときの手続きを知らない人が非常に多い。 いずれにしても、少数の人しか帰ろうとしないので、可能性は低い。 その理由の一つは、多くの人が自分の住んでいる国のルールを理解するのに時間がかからないことや、法律がどんどん変わっていくことにあります。

北欧からの駐在員の出発

実際のところ、北欧では強い社会システムが働いているため、駐在員であっても一晩起きて荷物をまとめて出て行くことはできません。 平たく言えば、北欧はシステムで動いており、そのシステムはプログラムされています。 自分が辞めたいと思ったら、担当者がシステムに「我々の優秀なシステムでは、誰々さんが辞めます」と伝えなければならない……嗚呼。 つまり、政府や自治体の代表者が署名のプロセスを開始しなければならないのです。 システムが起動した後に、すべての作業が開始され、お客様の出発を処理します。

例えば、学生として来日した場合、滞在許可証の有効期限は学生生活の最終日までです。 ただし、書類上の日付が到達する前に辞めることができないわけではありません。 このような場合には、自分がもういないことを当局に知らせるしかありません。 その通知を受けて、退社処理を開始するようにシステムを設定します。

辞めることを市民登録に届け出る

北欧の各国には、離脱することを市民登録に通知しなければならないタイムラインやケースがあります。 例えば、デンマークでは、最長6ヶ月以上、国外に滞在することになった場合、報告が必要です。

また、あなたが国内でどのようなステータスを持っているかによっても、必要な条件が異なります。 スカンジナビアを離れる際には、国内登録の抹消に関する義務を特に確認しておくとよいでしょう。 お客様のステータスは、永住者、市民、一時滞在者、その他のいずれかです。

年金を整える

北欧で働いていた場合、住んでいる国では、その間に蓄積された年金を手続きする必要があります。 しかし、多くの人はこれを見逃してしまい、すべてを手つかずのままにしてしまいます。 システムが年金を処理しなければならないのは当然ですが、お客様の介入なしには処理できません。

年金といっても、必ずしも退職して老齢になってから支給されるものではありません。 実は、北欧で年金を受け取った人は、永住する際に年金を受け取ることができるのです。 この支払いは、退職年齢に達しているかどうかにかかわらず行う必要があります。 唯一の欠点は、定年前に年金を請求すると多額の税金がかかる仕組みになっていることです。 例えばデンマークでは、退職前に年金を請求すると60%の税金が課せられます。

特典の確認

スカンジナビアを出発する前に、自分の特典をチェックし、必要なものをすべて請求することは、多くの人が間違っていることのひとつです。 ほとんどの場合、海外からスカンジナビアで働くことになった人は、法律上の要求、権利、義務を知っているほど勤勉ではありません。

無知ゆえに、人々はせっかく得た利益を放置してしまい、そのまま国の財源に戻ってしまう。 スカンジナビアで5年、10年、15年、あるいはそれ以上も働いてきたのに、正当な報酬を得られないことを想像してみてください。 迷惑な話かもしれないが、この制度は、一定期間が経過すると、未請求の労働者給付金が自動的に国に返還される仕組みになっている。

給付金や納税義務など、労働者としてのあなたに関わるすべての問題については、税務当局に問い合わせるのがよいでしょう。 ほとんどの場合、あなたのために保存されたすべての控除は、税務当局によって行われ、その後、年金制度などの他の機関に送られます。

貯蓄されたホリデー・マネー、労働組織への支払い、どこかで支払った払い戻し金などがあるかどうかをチェックします。 誰も、わざわざ未払いの給付金の請求を思い出させてはくれません。 いずれにしても、北欧に一生いることを前提としている。 また、現在勤めている会社や以前勤めていた会社にも、退職予定の旨を連絡しておきましょう。

大家さんへの通知

スカンジナビアの住宅制度では、借主であるあなたは家主に休暇通知をする義務があります。 他の制度と同様に、継続的な入居を保証するためには、長生きすることが前提となります。 そのため、退去する際には、時間内に大家さんに伝えることが重要です。 家を借りるときには保証金を支払うので、許可された予告期間を守ったときにのみ、その保証金を返還することができます。

また、賃貸マンションを退去する際に急な連絡をすることもあります。 このような短期間の通知では、デポジットを逃してしまうという結果にしかなりません。 願わくば、そんな風に賃貸保証金を失うことだけを愛する人がいないことを。 どのような場合に休暇の通知をするのが適切なのか、賃貸契約の条件をよく確認してください。

スカンジナビアの資産の処分

スカンジナビアに来た時と同じように帰る人はいないと言っても過言ではありません。 何年も住んでいると、自分名義の資産ができます。 私はスカンジナビアを「無限のチャンスの国」と呼んでいますが、これは1つか2つの資産を保有する可能性が高いことを意味しています。 一つだけ言えることは、北欧で は必ず仕事が 見つかるということです。

おそらく、海外で生活することを決めた時点で、車や家、会社などを所有しているはずです。 これらの資産は、転勤先の国に簡単に移動できない場合があります。 そのため、留守中の資産の管理方法や処分方法を計画することは必要なことです。

1つは、転居しても資産を継続して所有することを決められること。 外国人は、法律に基づいて管理されている限り、北欧で固定資産を所有し続けることができます。 しかし、このように資産を所有していると、収入があっても税金を払い続けることになります。

あるいは、単純に資産を処分してお金を手に入れることもできます。 固定資産や海外からの資産運用よりも、流動性のある現金の方が新しい国への移転が容易です。 選ぶのはあなたです。 救済策として、資産運用のプロの専門家から金融・投資のアドバイスを受ける。

スカンジナビアの良い評判を守り、維持すること

スカンジナビアを離れると、誠実さ、法律の尊重、クリーンなビジネス、多様性の尊重など、最高の特性が明らかに身につきます。 繰り返しになりますが、北欧に住んでいたことのあるあなたを見る人は、あなたがどのように行動するかについて非常に大きな期待を抱いています。

礼儀として、あなたが去った後もscandiaがあなたの中で生きていることをアピールしてください。 Tyrは、世の中にポジティブな変化をもたらし、人々が正しい方法で物事を行えるようにします。 スカンジナビアに無礼な行為をしたり、長い間あなたを受け入れてくれた地域を妨害するような行為は一切しないでください。

スカンジナビアは、あなたがクリーンな実績を持ち、良いアンバサダーである限り、いつでもあなたを歓迎します。 性格に問題があったり、評判を落とすような活動をしていたりすると、北欧ではなかなか歓迎してもらえません。

Latest posts by Awino Fredrick (see all)

コメントする