アメリカからスカンジナビアへ移住する人へのアドバイス

アメリカからスカンジナビアへ移住する人へのアドバイス

スカンジナビアには体験すべき素晴らしいことがたくさんある。先進的なテクノロジー、強固な社会保障制度、未来的な仕事、そしてヤンテの法則の影響を強く受けた国民性。 アメリカからデンマーク、ノルウェー、スウェーデンのスカンジナビア諸国にやってくる人にとって、多少の勉強は絶対に必要だ。

スカンジナビア、スウェーデンでの生活は、新参者にとってアメリカでの生活とどのように違うのか?

その出発点として、アメリカからスカンジナビアに向かう人が受け入れなければならない厳しい現実は、文化の違いである。 誰かがカルチャーショックについて語るとき、人々はしばしば、その人が以前はそれほど露出していなかったことを想像しがちだ。 それどころか、スカンジナビアに移住するまでにかなりの経験を積んでいる人たちにとっても、いくつかのことは驚きであり、時には奇妙に映るかもしれない。 だから、学び、学び直し、学び直す姿勢を受け入れよう。

北欧に移住するアメリカ人が注意しなければならないこと

スカンジナビア諸国には歴史的な愛着がある。 各国の文化には共通点があることにすぐに気づくだろう。 スカンジナビアでの生活に適応する最善の方法は、高い自己認識と適応のコツを維持することだ。

1.英語からスカンジナビア語への調整

スカンジナビアへの入国港に降り立ったとたん、あなたの英語が役立つのはほんのわずかだ。 たしかに北欧の人たちは、特に大都市では英語も話すが、時間が経つにつれて、英語を話すために自分から言い訳をしなければならないのが負担になってくる。

せっかく新しい友人を作ろうとしているのに、デンマーク語やノルウェー語、あるいはスウェーデン語(住んでいる国によって異なる)で話をしようとすると、友だちが引っ込んでしまうという状況は想像したくもないだろう。 同じシナリオが職場や店舗、事実上あらゆる場所で展開されるだろう。

現地の企業は、たとえ職場の方針が外国人向けの英語対応であっても、その国の言葉を話すことを好む。 実際、国際的な企業に勤めているかどうかは、それほど重要ではないかもしれない。 ある程度、国語を話すために脱線する人々は、”おいおい、ここは英語圏じゃないんだぞ “と常に思い知らされることになる。

スカンジナビア諸国を訪れる決心がついたら スカンジナビア諸国 を自分の故郷にする決心がついたら、さっそく語学教室に通い始めよう。 スカンジナビアで仕事を続けるために語学は必要ないかもしれないが、市民権を得るため、あるいは生活を楽にするためには間違いなく必要条件となるだろう。 ただ、オープンマインドで、少なくとも新しい居住国の言語を学ぶこと。 もし時間が許せば、そしてもっと熱中できるようになれば、スカンジナビアの3つの言語すべてを学ぶことで、どの言語でも自由に移動し、働くことができるようになる。

2.日常的な交流と友達作り

アメリカ人、あるいはアメリカに長く住んでいると、大胆で、率直で、物事を軽視しない傾向がある。 言動において、あなたは表現豊かで、感傷的で、少なくとも囚人を作らないだろう。 しかし、スカンジナビア人はただ立ち去る。

言っておくが、北欧で歓迎されるために自分を捨てる必要はないが、少なくとも個性を少し妥協することは重要だ。 実際、嫌悪感を抱かれるような性格に固執するだけで、同僚や友人から見捨てられるような経験は誰もしたくない。

アメリカからスカンジナビアへ移住する人へのアドバイス
スカンジナビアで服やウェアを完璧に選ぶ

スカンジナビアでは、もっと話を聞き、あまり話さなければならない。 また、節度を持って行動すること。 実際、アメリカ人なら首を突っ込んで主張を証明するような状況でも、スカンジナビア人はあっさり見捨てて撤退する。 彼らは、正しいことをするために戦わないという共通の台本を読んでいるようだ。

友人を作る、あるいは スカンジナビアでのデートは、アメリカから来たばかりのあなたには負担になるかもしれません。 ここでは、地元の人々は子供の頃からの長い付き合いがある。 彼らは幼なじみを年老いるまで大切にする傾向があるため、途中から入ってきたあなたはあまり歓迎されないかもしれない。 もちろん受け入れてはくれるが、長期契約ほどきつくはない。

スカンジナビアでできた友人たちと一緒にいても、取り残されたような気分になることはまったくない。 一度若いうちに友情が形成されると、彼らはお互いを理解し、その輪は新参者が入り込むことができないよう、より密接に保たれる。 周辺的な友人であることを受け入れるだけで、何も問題はない。 親友になろうとバカにしないで、自然にそうなればそれでいい。

3.服装とファッションの選択

プロフェッショナル、ビジネス・エグゼクティブ、コンサルタントが活動する場所では、スーツとネクタイで颯爽と決めたいものだ。 短いドレスやハイヒールを毎日履き続けたいだろうが、スカンジナビアではそのようなスペースはあまりない。

アメリカからスカンジナビアへ移住する人へのアドバイス

熱心な人なら誰でも、スカンジナビアの主要都市を除けば、田舎には熟練した仕事しかないことに気づくだろう。 つまり、どんな日でも、人々はオフィシャルな服やドープな服を家にしまっておくのだ。 ただ、作業着を着こなす準備はしておき、ダボっとした服は特別な日だけにする。

パーティーや宗教的な確認式など、特別なイベントの時期になると、ワードローブのチョイスはガラリと変わる。 完璧にフィットしたデニムのジーンズを脱がなければならない。 また、上腕二頭筋を際立たせるスリムフィットのパンツやシャツを着ることをためらわない男性もいる。 このケースは、暑さのために肌を露出せざるを得なくなる夏もほとんど同じである。 女性はブーティショーツ、ビーチドレス、ビキニを好む。

4.労働文化と給与

もしあなたがスカンジナビアで雇用契約を結んでいる幸運な人の一人であるなら、必ず雇用契約を結んで多くの経験を積んでおくこと。 スカンジナビアの労働保護、特に外国人労働者の採用枠は依然として高い。 簡単に言えば、企業がスカンジナビアやシェンゲン圏外から人材を調達しているという事実だけで、その企業は前進するために人材を強く必要としているということだ。 あなたを引き留めるための方策として、彼らはわざわざ最高の労働条件を提示する傾向がある。

スカンジナビアで外国人労働者、特に専門職を雇う仕事のほとんどは、スカンジナビア域内でマッチする人材がまったく見つからないものだ。 そのため、あなたに期待されるのは、細心の注意と初日から動き出す能力である。 もちろんオンボーディング・プロセスは、成功への素地を作るためにシームレスなものだが、ひとたび現場に立てば、品質と効率は妥協できない。

優良企業で働こうが、スカンジナビアで下働きの非熟練労働に就こうが、品質にはまったく妥協がない。 時には坩堝(るつぼ)の中にいるような状態になることもあるだろうが、雇用主はあなたが卓越するために必要なことは何でもする用意がある。 あなたがそれを正当化すれば、彼らは高価なサポートを利用するだろう。

一般的な規模では、スカンジナビアの労働者の平均給与はアメリカのそれを上回っている。 しかし、税金が高くなることや生活費が高くなることにも注意が必要だ。 さらに言えば、外国人を受け入れる仕事は、より競争力のある雇用パッケージを持ち、雇用後の再交渉にも柔軟に対応する傾向がある。 あなたが有利な社会保障を得るという事実と相まって、あなたの給料は、給料日ローンでさえ助けることができる私的支出を満たすために大部分を占めることになる。

5.生活全般

スカンジナビアでの生活は、アメリカよりもかなり素晴らしいものになる。 唯一の欠点は、友人や家族といった良い社会的サポートシステムがなければ、孤独を感じる可能性が高くなることだ。 しかし、忙しい日常から少し離れれば、有益な人脈を作ることは難しくないはずだ。

興味深いことに、スカンジナビアでのライフスタイルは、現地での暮らしやすさに大きく影響する。 もちろん、スカンジナビアでアパートを借りるのは簡単だし、リーズナブルな賃貸契約を結ぶこともできる。 暖房、水道、電気を含む光熱費は、家賃そのものに比べればそれほどかからないかもしれない。 しかし、場合によっては、社会保障制度から住宅手当が支給されることもある。 住宅手当しかし、社会保障制度によって住宅手当が支給される場合もあり、その場合、自分の収入から実際に支払う金額は減額される。

アメリカからスカンジナビアへ移住する人へのアドバイス

賃貸料やそれに付随する費用から離れれば、生活とは日常生活を意味することになる。 デンマークで賢くなるには、シーズンオフに購入し、割引を利用することだ。 全員がシーズンオフを選択し、割引価格で購入するのであれば、誰が割高な価格を支払うのか、という意見もあるだろう。 でも、そんなことは気にしなくていい。 あなたの仕事は、できるだけ節約しながらも、実際の価格を支払う人と同じ価値を得ることである。

実際、スカンジナビアはアメリカと比べて商品価格が高い。 多くの人々は、食材や食料品をオンラインで購入したり、低価格の店を選んだりする。 外国人として経済的に困らないよう、自分に合った選択肢を選ぶだけだ。

6.税制

スカンジナビアの国々は、税金や納税に関してハッタリはきかない。 各国が運営する強固な社会保障を支えるためには、忠実な税金の送金に妥協は許されない。 スカンジナビアで働くアメリカ人として安全面を確保するために、自分の納税義務を常に把握しておきましょう。

納税に関する重要なガイドについては、 スウェーデン、ノルウェー、デンマークをチェックしてほしい。

スカンジナビアでは、税制に引っかかると非常に危険な状況になる。 そのため、税務署の怒りに直面しないための救済策として、税務署に電話をかけ、居住国でのステータスを明確にし、アメリカ人であることを知らせるようにする。 納税義務に関する指導についての書面を送付してもらうようにする。

最後の収穫

スカンジナビアで生活を始めるアメリカ人として、学び、学び直し、学び直しを怠る21世紀の文盲の犠牲者にならないように気をつけよう。 そう、あなたは十分な経験を積み、高い評価を受けている国の出身かもしれないが、だからといってスカンジナビアが単なる通過点になるとは限らない。

安全策としては、時間をかけて馴染ませ、北欧独特のニュアンスをゆっくりと味わうことだ。 彼らはおとなしいように見えるが、実はそれが彼らの強みなのだ。 間違いを犯したときは、それを正直に認め、友だちになるためには、彼らがすでに大人になっているときに、少し遅れて彼らの人生に入ってくることを考えればいい。

Author photo
Publication date:
An avid storyteller and passionate writer with a penchant for letting people know that which they don't know while at the same time telling people more about what they may already have known. At the end, you stay informed, be curious, and get cosy.