北欧の国々を理解するには

This post is also available in: 英語 ノルウェー・ブークモール デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 エストニア語 ラトビア語 リトアニア語 ヒンディー語 アラビア語 簡体中国語 フランス語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 スペイン語

北欧諸国を理解するには、文脈や質問者によって異なります。 地理的、文化的、言語的に言えば、答えは異なるかもしれません。 北欧」という言葉が入ってくると混乱しますが、この2つは文脈的には同じ意味で使われることが多いですが、それぞれに固有の意味があります。 今回は、北欧とは何かを正しく理解するために、北欧について深く考えてみましょう。

スカンジナビアという言葉の意味は?

スカンジナビア」という言葉は、18世紀初頭にデンマークとスウェーデンの大学が、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーの歴史、神話、芸術、文化を共有することを提唱したことから生まれました。 この運動の名前は、スウェーデンの最南端の州であるスカニア(スカネとも呼ばれる)に由来しており、これにより「スカンジナビア」という言葉が生まれました。

1814年までの間、デンマークとノルウェーは当初一つの王国であったが、ノルウェーがスウェーデンに割譲された後、両者は対等な二つの王国の一つとして連合していたが、1905年に連合を解消して独立した。

現在、スカンジナビアとは、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンをはじめ、条件によってはアイスランド、フィンランド、フェロー諸島などを含むヨーロッパ北部の国々を指します。

Scandinavian Geography

スカンジナビアは通常、北欧と呼ばれています。スカンジナビア半島は、スウェーデンとノルウェーで構成されています。 スカンジナビアというと、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンの3カ国しか出てきません。 また、デンマークの領土であるグリーンランドと、デンマークの自治公園であるフェロー諸島も含まれています。 地理的には、フィンランドとアイスランドはスカンジナビアには属しません。

スカンジナビア半島とは?

スカンジナビア半島は、スウェーデンとノルウェーで構成されています。 半島の長さは約1850kmで、北はバレンツ海、西はノルウェー海、東はボスニア湾とバルト海から南に延びています。 半島はカテガットとスカゲラクによってデンマークと隔てられています。 東にはノルウェー、西にはスウェーデンがあります。

半島の面積は750,000平方キロメートル。 約200万年前から1万1千年前の氷河期にできた山脈を中心に構成されています。 スウェーデンはバルト海に向かって比較的緩やかな勾配の斜面が続き、ノルウェーは海岸線まで山が続き、美しいフィヨルドで隔てられています。

スカンジナビアの文化

文化に関しては、スカンジナビアはすべてを完璧に兼ね備えています。 協調性、実用性、平等性。 スカンジナビアの3つの国の文化。スウェーデン、ノルウェー、デンマーク(北欧の姉妹国であるフィンランド、アイスランドを含む)の文化は、個人的な快適さ、社会的な福祉、経済的な強さのバランスを実現しています。

スカンジナビアの国々は、様々な歴史が絡み合っているため、内向きではありますが、外に向かって影響力を持つ社会であり、新しい人やアイデアに対してオープンでありながら、非常に伝統的であるという特徴があります。 個人の自由、慎重さ、プライバシー、寛容さは、北欧の人々が大切にしている重要な性格要素です。

スカンジナビア語

北欧の言語というと、スウェーデン語、デンマーク語、ノルウェー語、アイスランド語、フェロー語などのゲルマン系の言語を指す「北ゲルマン語」という言葉があります。 この3つの言語は、それぞれの言語を話す人が(理論的には)相互に理解できるものです。デンマーク語、スウェーデン語、そしてノルウェー語。 フィンランド語は、エストニア語やハンガリー語を含むウラル語族のフィンランド語グループに属しています。