Freelancers needed - please get in touch if interested - click here

Den Gyldne Okse – The Restaurant

This post is also available in: 英語 ノルウェー・ブークモール デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 エストニア語 ラトビア語 リトアニア語 ヒンディー語 アラビア語 簡体中国語 フランス語 ドイツ語 ポーランド語 ロシア語 スペイン語

ステーキ好きにとって、歴史的建造物の中でステーキを食べるのは何よりの楽しみです。 Den Gyldne Okseは、デンマークのViborgにある、間違いなく世界で最も美味しいステーキを提供するお店の一つです。 ビーフフィレ、ビーフテンダーロイン、ペッパーステーキなど、ステーキの種類を問わず、この店はすべてをカバーしている。

歴史

このユニークで雰囲気のある居心地のよいレストランが人々にサービスを提供している家は、400年以上前に建てられたものです。

  • この物件は、1791年にニールス・スターベル行政官が所有していたものです。
  • その後、1818年には有名な街の音楽家であるハンス・ラッセン・ロリンが住んでいました。
  • Lüttichauske Fideikommisは、1831年からこの家に住み始めました。
  • Søren Sørensen Boldrup(靴職人)は、1839年から1845年までこの家に住み、その後Bagermester Christen Christensenに売却した。
  • 1856年、息子のアントン・ヴィルヘルム・クリステンセンがこの家を取得した。
  • 1903年、コーブマン・B・クリステンセンが息子のアントン・ヴィルヘルム・クリステンセンから買い取った。
  • この物件は1905年から1993年まで鍛冶屋として使われていた(Den Gyldne Okse – レストランは1947年にオープン)。
  • 最終的には、1993年にレストランDen Gyldne Okseが、詳細なリノベーションを経て、この物件を取得しました。

デコール

Den Gyldne Okseは、家族の肖像画や有名なBurgundy Velorの壁紙など、昔ながらのクラシックなスタイルで飾られています。 また、ハンセン家やアニー・ヨハネセンのように、何十年もお付き合いいただいている家族や個人の方も、自分の肖像画を壁紙にしています。

食品

その料理のクオリティーの高さから、Den Gyldne Okseは2009年にメディアに取り上げられました。 ヴァンローゼのトリビュートブックで紹介されていました。 ビーズステーキは専門店で、以下のような種類のステーキを食べることができますが、それだけではありません。

  • ビーフテンダーロイン200g
  • ビーフテンダーロイン300g
  • 牛フィレ肉(250g
  • 牛フィレ肉400g
  • 200 G ペッパー・ステーキ
  • 300Gペッパーステーキ
  • リブアイステーキ(300g

デザート

  • ベルギーワッフル。バニラアイスとストロベリークーリを添えて
  • 自家製パンケーキ。バニラアイスとストロベリークーリを添えて
  • チーズ・ボード。様々なアイテムで構成されています。
  • マジパン・ルラード:チョコレートアイス、ホイップクリーム、フルーツ添え
  • チョコレートフォンダン。自家製バニラアイスとともに
  • 今月のデザートシェフのおすすめを見る

More than a restaurant

Den Gyldne Okseは単なるレストランではなく、ここでビジネスミーティングを行うこともできます。 快適で、静かで、落ち着いた雰囲気の中で、ビジネスの重要なディテールをパートナーとコラボレーションすることができます。

結論

Den Gyldne Okseは、充実した時間を過ごすのに最適な場所であることは間違いありません。 美味しい料理を提供するだけでなく、ユニークで居心地の良い雰囲気の中で、特別な食事を楽しむことができます。

リファレンス

https://web.facebook.com/GyldneOkse/about/?ref=page_internal

https://restaurantguru.com/Den-Gyldne-Okse-Viborg

https://www.eatie.io/den-gyldne-okse-st-sankt-peder-straede-11-viborg

https://www.eatwego.com/restaurant.aspx?name=Den%20Gyldne%20Okse&id=53

https://www.gyldneokse.dk/menukort